湯前神社宮神輿、連合神輿と連合渡御、夜の熱海を勇壮に練る

湯前神社秋の例大祭は10月5日夜、宮神輿・連合神輿渡御(とぎょ)を行った。宮出し神事に続いて午後6時15分に湯前神社を出発した宮神輿は市役所前で連合神輿と合流。熱海笛伶会が演奏する熱海囃子(あたみばやし)が鳴り響く中、宮神輿を先頭に總一會、嵐和會、若獅子會の神輿が勢ぞろい。およそ500人の若者が「どっこい、そーりゃ」の掛け声に合わせて熱海市役所前、清水町、熱海魚市場、山木旅館を練って和田ビル前で休憩。さらに糸川桜橋、銀座通りなどを勇ましく練り歩いた。
銀座通りからは連合神輿と別れ、宮神輿はニューフジヤホテル前を通って午後9時に夜店が連なる同神社に宮入り。本殿前で、宮入り神事を行い、祭りは最高潮に達した。
(熱海ネット新聞)

■湯前神社 ご祭神は温泉の神様でもある少彦名命(すくなひこのみこと)。奈良時代の749年が起源とされ、1200年以上にわたり、公家、徳川家、大名をはじめ、一般庶民の信仰を集めてきた。「伊豆国神階帳」には「従四位上熱海湯の明神」と記載。大湯間欠泉と共に「熱海温泉発祥の地」として尊ばれている。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-22

    ダイヤモンド・プリンセスの乗客に熱海市の夫妻も 下船許可に安堵

    横浜港・大黒ふ頭に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で2月21日、新型コロナウイルスの…
  2. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

    静岡県内の公立高校の入学願書の受け付けが締め切られ、県教育委員会は2月20日、志願倍率を発表した。…
  3. 2020-2-21

    新型肺炎感染に配慮 藤曲敬宏県議「県議会傍聴バスツアー」取りやめ

    新型コロナウイルスによる肺炎拡大で、熱海市選出の藤曲敬宏県議の後援会「藤曲たかひろ事務所」は、3月…
  4. 2020-2-20

    「大漁桜」が満開 漁師まちがサクラダイ色 網代・阿治古神社

    熱海市網代の阿治古神社で大漁桜(タイリョウザクラ)が満開を迎えた。多賀中で校長を務めた故角田春彦さ…
ページ上部へ戻る