万葉グループ、熱海市の断水地区住民に浴場半額 小田原、沼津、湯河原の3館

全国に日帰り・宿泊温泉施設を展開する万葉倶楽部(本社・小田原市、髙橋弘会長)の温泉施設は、台風19号の影響で断水となっている熱海市と函南町の地元住民に浴場を半額で開放している。
実施しているのは、万葉の小田原館と沼津館、ニューウェルシティ湯河原の日帰り温泉「いずみの湯」の3施設。いずれも断水が起きている地域に住んでいる人が対象。住所が確認できる運転免許証、公共料金領収書(電気、ガス、水道)等を持参の上、来館時にフロントに示して入場する。10月24日まで続ける。写真は沼津館。
(熱海ネット新聞)
■小田原館(通常2300円→1150円)
※17日は臨時休館📱0465ー23ー1126
■沼津館(平日通常1520円→760円、土日祝通常2000円→1000円)
※15日は臨時休館📱055ー927ー4126
■ いずみの湯(通常1000円→500円)
📱0465ー63ー3721

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  2. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
  3. 2020-6-3

    熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

    熱海市ではブーゲンビリアが満開を迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が初夏の街並みを南国ムードに…
  4. 2020-6-3

    熱海市の高齢化率(65歳以上人口)47・8%、静岡県の市で抜けてトップ

    静岡県は、2020年4月1日現在の総人口に対する65歳以上(高齢化率)と75歳以上(後期高齢率)を…
ページ上部へ戻る