熱海のホテル、旅館15施設 断水の住民、別荘所有者に500円で浴場開放

熱海温泉ホテル旅館協同組合(島田善一理事長)に加盟する15の施設で10月16日から台風19号の影響により水道の断水のおそれがある地区住民、別荘所有者に浴場を一律500円で開放する。通常、立ち寄り湯などの利用料金は800〜2500円とまちまちだが、同一料金にした。断水で洗濯などの生活用品が確保されてないことを考慮し、タオル類も施設側が用意する。
入浴を受け入れるのは、秀花園湯の花膳、新かどや、渚館、さくらや旅館、ホテル夢いろは、オーシャンスパfuua(熱海後楽園ホテル)、月の栖熱海聚楽ホテル、おお川旅館、熱海玉の湯ホテル、ホテルサンミ倶楽部、湯宿一番地、旅館立花、大江戸温泉物語あたみ、熱海シーサイドスパ&リゾート、大月ホテル和風館。受け入れ時間と除外日に違いがあるので注意。
いずれの施設も事前に電話を入れて予約が必要。受付で住所、指名を記載して入場する。利用者が多数の場合は、入場を制限する場合もある。断水が解消されるまで続ける。オール熱海でピンチ克服ー。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

    熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大…
  2. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  3. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
  4. 2020-11-26

    コロナ対策の「緩み」を警戒 熱海飲食3団体、カラオケ感染防止を強化

    11月に入り、全国でカラオケや接待を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が多発…
ページ上部へ戻る