熱海のホテル、旅館15施設 断水の住民、別荘所有者に500円で浴場開放

熱海温泉ホテル旅館協同組合(島田善一理事長)に加盟する15の施設で10月16日から台風19号の影響により水道の断水のおそれがある地区住民、別荘所有者に浴場を一律500円で開放する。通常、立ち寄り湯などの利用料金は800〜2500円とまちまちだが、同一料金にした。断水で洗濯などの生活用品が確保されてないことを考慮し、タオル類も施設側が用意する。
入浴を受け入れるのは、秀花園湯の花膳、新かどや、渚館、さくらや旅館、ホテル夢いろは、オーシャンスパfuua(熱海後楽園ホテル)、月の栖熱海聚楽ホテル、おお川旅館、熱海玉の湯ホテル、ホテルサンミ倶楽部、湯宿一番地、旅館立花、大江戸温泉物語あたみ、熱海シーサイドスパ&リゾート、大月ホテル和風館。受け入れ時間と除外日に違いがあるので注意。
いずれの施設も事前に電話を入れて予約が必要。受付で住所、指名を記載して入場する。利用者が多数の場合は、入場を制限する場合もある。断水が解消されるまで続ける。オール熱海でピンチ克服ー。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  2. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
  3. 2020-6-3

    熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

    熱海市ではブーゲンビリアが満開を迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が初夏の街並みを南国ムードに…
  4. 2020-6-3

    熱海市の高齢化率(65歳以上人口)47・8%、静岡県の市で抜けてトップ

    静岡県は、2020年4月1日現在の総人口に対する65歳以上(高齢化率)と75歳以上(後期高齢率)を…
ページ上部へ戻る