熱海市、断水地区に携帯トイレ配布 10月17日から6万枚

熱海市は、台風19号の影響で断水が続いている地区に10月17日から携帯用トイレを配布する。市生活部危機管理部が購入した6万枚の携帯トイレが17日午前9時に市役所に届き、荷下ろし後、断水地区でトイレの問題が発生している18町内会の各集会場に配送する。
携帯トイレは、水が流せない洋式便器などに取り付ける便袋で、ビニール袋と凝固剤、または吸水シートとを組み合わせて使う。今回購入したサニタクリーン便袋は、消臭・抗菌効果に優れ、折り返すだけで便器として使用できる。巨大地震や台風で断水が起きた被災地では、必需品となっている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-10

    来宮神社例大祭 「浦安の舞」公開稽古 コロナ感染防止で歴代初のデュオ

    熱海市の来宮神社(雨宮盛克宮司)例大祭(7月14-16日)で「浦安の舞」を奉納する舞姫2人が7月1…
  2. 2020-7-10

    東急不動産、熱海港観光のホテル建設計画取り下げ コロナで先行き見通せず

    東急不動産(東京都渋谷区)が熱海港観光施設(現海釣り施設駐車場)の市有地を借り受けて会員制ホテルを…
  3. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、休業協力金の対象から外れた事業者に熱海市が独自…
  4. 2020-7-8

    熱海の名所めぐる「湯~遊~バス」 7月10日から運行再開 

    小田急グループの伊豆東海バスは、熱海市内の名所旧跡を循環する「湯~遊~バス」の運行を7月10日から…
ページ上部へ戻る