熱海梅園に甘~い香り キンモクセイようやく見ごろ 猛暑で例年より3週間遅く

熱海梅園で10月23日、秋にオレンジ色の花を無数に咲かせるキンモクセイ(金木犀)が熱海梅園で見ごろを迎え、甘~い香りとともに秋の深まりを告げている。開花時期は気温に影響され、今年は9月に入っても猛暑が続き、例年より3週間ほど遅い。その分、大型の台風19号を避けられ、散らずに済んだ。園内では、ホトトギス、セイタカアワダチソウ(代萩)などの秋の花が咲き、来園者の目を楽しませている。秋の日差しを受けながら、ススキの穂が風に揺れ、日に日に秋色に染まっている。
(熱海ネット新聞)

ホトトギス
セイタカアワダチソウ(代萩)
ススキ
梅園橋

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-27

    7月も熱海海上花火大会も中止 熱海温泉ホテル旅館協同組合

    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、熱海温泉ホテル旅館協同組合は、7月26日(日)、31日(金)に…
  2. 2020-5-26

    熱海市街5カ所の市営駐車場、5月29日夕から封鎖解除 県内の誘客促進

    政府が新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言を全国で解除したのを受け、熱海市は5月26日…
  3. 2020-5-26

    緊急事態の全面解除で警戒 首都圏からの観光客が7〜8割の熱海市

    政府は5月25日、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言が継続中だった北海道と首都圏の東…
  4. 2020-5-26

    熱海の病院職員のコロナ感染 濃厚接触者の外来患者、職員「全員陰性」

    静岡県は5月25日、前日公表した国際医療福祉大学熱海病院の男性職員(三島市)の新型コロナウイルス感…
ページ上部へ戻る