土木の日、巨大ケーソンにイラスト 今月末に熱海港に沈め、除波堤防に有効活用

熱海市建築業協会(大館節生会長、23事業所)は11月3日、「熱海おさかなフェスティバル」が開催された熱海港のナナハン岸壁で防波堤用のコンクリートブロック「ケーソン」に絵を描くイベントを開いた。
熱海市の子供たちや親子連れの観光客らが縦6m、横3m、重さ55トンの「ケーソン」6函をキャンバスに、同協会が用意した耐水性の絵具を使い、それぞれの願い込めて絵を描いた。熱海のヒーロー「ラインアスロック」も駆け付け、制作を手伝った。
これらの”作品”は静岡県が進める海岸環境整備事業に利用され、11月末に渚親水公園・渚デッキ横の護岸第4工区(工事中)の海中に除波堤防として沈め、有効活用する。
同協会は、毎年、11月18日の「土木の日」に合わせ、土木工事にかかわる様々なイベントを実施している。大館会長は「今年は多くの人が訪れる熱海おさかなフェスティバルに合わせて開催した。護岸ブロックに絵を描くことで子供たちにケーソンの重要性や、公共事業が地域に果たしている役割を理解してももらえれば」と期待を寄せた。官民が連携して建設産業のイメージアップに取り組む「静岡どぼくらぶ」の活動の一環として実施した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-18

    大寒桜、大島桜、寒緋桜…あたみ桜に代わってが一斉に見頃

    東海地方で2月16日夜、春一番が吹いた影響で17日は暖かい南寄りの風で4月上旬の暖かさとな…
  2. 2020-2-18

    熱海市の2020年一般会計当初予算 前年比12億円減の186億円

    熱海市は2月17日、2020年度当初予算案を発表した。一般会計は大型インフラ整備が終了したとして、…
  3. 2020-2-17

    ブラタモリ・熱海編の古屋旅館のお宝、温シェルジェ&温泉観光士養成講座

    熱海市と日本温泉地域学会が主催する「温シェルジェ&温泉観光士養成講座」が2月14日〜16日の3日間…
  4. 2020-2-16

    露地栽培の熱海産カンキツ類、土産物に人気 「うみえ〜る長浜」直配所

    熱海市長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」では、毎週金曜日~月曜日まで地域の農家(約70人)が…
ページ上部へ戻る