キングコングとゴジラ、57年ぶりに熱海城で決戦 熱海怪獣映画祭が閉幕

第2回「熱海怪獣映画祭」は最終日の11月24日、熱海市の国際観光専門学校熱海校で「キングコング対ゴジラ」(1962年、昭和37年)を上映し、幕を閉じた。同作品は「ゴジラ」シリーズの3作目で初のカラー作品。米国の怪獣キャラクターの元祖「キングコング」を招き、ゴジラが7年ぶりに復活。「日米の怪獣対決」が話題となり、1255万人の観客動員を記録した。
映画では那須、国会議事堂、富士山麓などで戦い、クライマックスの熱海城のシーンは一番最後。熱海城を挟んでゴジラとキングコングが取っ組み合いになり、熱海城を壊して、そのまま熱海湾に転落。キングコングは浮上して、故郷のソロモン群島へ向けて泳いでいったが、ゴジラは海に沈んだまま姿を現さず、勝敗が付かない幕切れで余韻を残した。
当初のシナリオでは、ゴジラが勝つストーリーだったが、米国側が「キングコングはアメリカが作った有名なスター。負けるなら貸し出さない」と難色を示し、両者ドローに変更されたという。
上映された当時の熱海には、7館の映画館があり、同映画は「アタミ宝塚(熱海東宝)で上映された。同時上映は植木等主演の「ニッポン無責任時代」ー。新婚旅行のメッカとして隆盛を誇った熱海の全盛期で、この映画の影響で熱海城は一躍人気スポットとなった。今回の映画祭でも集客効果が期待されている。同映画祭は、熱海がゴジラやウルトラマンなど、過去に多くの特撮作品の舞台となったことから、熱海市を“怪獣の聖地”として定着させようと市民が社団法人を設立して開催している。
(熱海ネット新聞)
主催=一般社団法人熱海怪獣映画祭
集合写真は熱海怪獣映画祭のHPから

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-12

    熱海市で2人が新たに新型コロナ感染 成人男性と同居家族の高齢者女性

    静岡県は7月12日、熱海市に住む成人男性と、同居する高齢者女性の2人が新型コロナウイルスに感染した…
  2. 2020-7-11

    御神女の小川寧子さん、伝統の「神女神楽」を披露 来宮神社例大祭で奉納

    来宮神社例大祭で「神女神楽(みこかぐら)」を奉納する小川寧子(おがわ・ねね)さん(第一小1…
  3. 2020-7-10

    来宮神社例大祭 「浦安の舞」公開稽古 コロナ予防で歴代初のデュオ奉納

    熱海市の来宮神社(雨宮盛克宮司)例大祭(7月14-16日)で「浦安の舞」を奉納する舞姫2人が7月1…
  4. 2020-7-10

    東急不動産、熱海港観光のホテル建設計画取り下げ コロナで先行き見通せず

    東急不動産(東京都渋谷区)が熱海港観光施設(現海釣り施設駐車場)の市有地を借り受けて会員制ホテルを…
ページ上部へ戻る