上皇陛下の誕生日祝う紅白梅献上、令和も継続 熱海梅園の八重寒紅と冬至梅

熱海市は上皇陛下(明仁さま)が皇太子時代の1969年から続けてきた誕生日(12月23日)を祝う熱海梅園の紅白梅献上を今年以降も続ける。4月30日に天皇陛下が退位し、皇太子徳仁親王さまが、新天皇に即位。元号が平成から令和に変わったことに伴い、市が宮内庁に上皇陛下への継続献上を要望し、認められた。
12月中旬に紅梅の八重寒紅(やえかんこう)と白梅の冬至梅(とうじばい)の枝切りを行い、12月20日に市職員が宮内庁に届ける。梅は市とゆかりのある英国、韓国大使館にも贈る。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-26

    コロナ対策の「緩み」を警戒 熱海飲食3団体、カラオケ感染防止を強化

    11月に入り、全国でカラオケや接待を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が多発…
  2. 2020-11-26

    死んだ父親の特別定額給付金10万円を不正搾取 熱海市が被害届

    熱海署は11月25日、死亡した父親の特別給付金を不正受給したとして詐欺の疑いで住所不定の兄(49)…
  3. 2020-11-25

    3密避け、南熱海マリンホールで食中毒講習会 多賀、網代の飲食業者に注意喚起

    熱海食品衛生協会(森田金清会長)は11月25日、熱海市下多賀の南熱海マリンホール で「食中…
  4. 2020-11-25

    南あたみ第一病院「夏樹・平木文庫」開設 熱海ゆかりの作家・夏樹静子さん作品

    創立45周年を迎える南あたみ第一病院(熱海市下多賀)は11月28日、記念事業として「ミステリーの女…
ページ上部へ戻る