風情ある熱海の錦秋、紅葉狩りの新名所 MOA美術館「茶の庭」

紅葉の名所として知られる熱海市のMOA美術館の敷地内にある「茶の庭」で、見ごろを迎え、来館者を楽しませている。
「茶の庭」の茶室「一白庵」「樵亭(しょうてい)」や「光琳(こうりん)屋敷」の周りには、鮮やかな赤や黄に色づいたノムラモミジ、イロハモミジなどカエデ類が約60本植えられ、庭内を錦秋に染めている。「一白庵」では和菓子や抹茶を味わいながら、ゆったりと秋の風情を心行くまで堪能できる「紅葉狩りの新名所」として、数年前からインターネット上で評判になっている。庭園には「二條新町 そばの坊」「和食・甘味 花の茶屋」もあり、食事もできる。
茶の庭の入り口「唐門」からの景色は、インスタ映えし、訪れた人たちがカメラを構えたり、散歩をしたりして思い思いに満喫ー。
11月29日は伊東市立南中の生徒たちが理科の校外学習で訪れ、秋の気温と深く関係する紅葉について観察するなど、多くの人が訪れている。
同美術館は12月8日まで、リニューアル3周年記念特別展「仁清 金と銀」を開催している。11月30日は「特別な秋の一夜」と銘打ち、午後1時半から館内の能楽堂で秋の演能会「紅葉狩」を開催。また開館を午後7時まで延長して一夜限りのライトアップを実施する。最終入館は午後6時半。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-4

    コロナ対策優先、熱海フォーラム事業凍結 齋藤栄市長が議会で表明 

    熱海市の齋藤栄市長は6月4日、市議会6月定例会で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応するため、…
  2. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  3. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
  4. 2020-6-3

    熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

    熱海市ではブーゲンビリアが満開を迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が初夏の街並みを南国ムードに…
ページ上部へ戻る