熱海後楽園ホテルで巨人軍球団納会 原監督、坂本、菅野ら全選手が一堂に

5年ぶりのリーグ制覇を果たした巨人軍の球団納会が11月29日、熱海後楽園ホテルで開かれ、原辰徳監督をはじめ、コーチ、選手とスタッフが一堂に会して、一年間の労をねぎらった。
原監督は冒頭あいさつで「ジャイアンツの一員として、この『納め会』に出られる事に自信と誇り、そして感謝の気持ちを持つ事が、来季への英気となる。監督、コーチ、選手、裏方、フロント、すべてが一つになる事が一番大事」とあいさつし、坂本勇人内野手が引き続き主将を務めることを発表。「勇人、キャプテン頑張れよ。来季も頑張ろうな。選手会長、智之。頑張ろう。2020年の目的を遂行できるように、頑張っていきたい」と一体感を呼びかけた。
会の最後には「闘魂こめて」をみんなで歌い、菅野智之選手会長が「選手、職員が力を合わせ、今年出来なかった日本一を達成しましょう」と話して、三本締めを行った。
この日は、神奈川県内のゴルフ場で納会ゴルフを開き、首脳陣、選手、ユニホーム組の裏方スタッフ計82名が参加。原監督がアウト35、イン35(ハンディ0)の2アンダーで回り、優勝した。
(熱海ネット新聞)
写真は読売巨人軍公式サイトから。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
  2. 2021-4-17

    「初島ところ天祭り」2年連続で中止 首都圏のコロナ感染再拡大で

    熱海市の初島区事業共同組合は、第46回「初島ところ天祭り」の中止を決めた。同組合は例年5月…
  3. 2021-4-16

    色鮮やかなツツジ、今年も晩春パノラマ MOA美術館「水晶殿」

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
  4. 2021-4-16

    ツツジ、姫の沢公園の山肌赤く染める 例年より2週間早く見ごろに

    熱海市の姫の沢公園で約6万株の赤やピンクのツツジが見ごろを迎えた。例年より2週間ほど早い。…
ページ上部へ戻る