県内一斉に地域防災訓練 熱海市では48自主防災会、2000人が参加

静岡県が定める「地域防災の日」の12月1日、熱海市では自主防災組織48団体、約2000人が参加して地域防災訓練を行った。午前9時に市内にいる人のドコモ、au、ソフトバンク等のスマホやタブレット端末に「大規模地震発生」の緊急速報試験メール(エリアメール)を配信してスタート。各地域ごとに負傷者を避難所から救護所へ搬送する手順の確認や三角巾のつくり方、AEDの使い方、消火栓の開栓手順の確認、炊き出しなどの訓練を実施した。
静岡県は、県民の「自助・共助」の防災意識を高めるため、1986年に「地域防災の日」を制定。県内で295人が死亡した1944(昭和19)年12月7日の昭和東南海地震に合わせて、12月第1週の日曜日に毎年訓練をしている。令和元年のテーマは「防災力、人の和(輪)、知恵の和(輪)、地域の和(輪)」。今年は巨大地震に加え、頻発する台風被害にも備えた。
(熱海ネット新聞)
写真は西山町と笹良ケ台町の自主防災訓練

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-27

    熱海市の新規コロナ感染者22人 県内では過去最多を3日連続更新=1月27日

    静岡県と熱海市は1月27日、熱海市で22人の新たな新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。県内…
  2. 2022-1-27

    「まん延防止」適用の酒類販売と時短、30日までは準備期間で通常営業

    新型コロナウイルスまん延防止等重点措置の適用を受け、静岡県はきょう1月27日から人流抑制のため飲食店…
  3. 2022-1-27

    熱海市内の小学校児童と保育園児がコロナ感染 学年及びクラス閉鎖 

    熱海市教育委員会は1月27日、市内の小学校1校の児童1人と保育園1園の園児1人の新型コロナウイルスの…
  4. 2022-1-26

    熱海市の一般高齢者 きょう27日から3回目接種予約スタート 

    熱海市では、1月27日から65歳以上の一般高齢者を対象とした新型コロナワクチンの3回目接種の予約を始…
ページ上部へ戻る