「にっぽん丸」熱海港に寄港、 熱海花火と小笠原クルーズに420人

商船三井の豪華客船「にっぽん丸」(全長166・65メートル、2万2472トン)が12月15日朝、熱海港に寄港した。12度目となる今回は5泊6日の「熱海花火と小笠原クルーズ」の一環。14日午後7時に東京港を出港し、最初の寄港地の熱海港に15日午前8時半に入港。熱海笛怜会の演奏で市の観光関係者が出迎えた。
420人の乗船客は、離岸する午後3時までタクシーで熱海梅園や起雲閣、MOA美術館などを観光したほか、オプショナルツアーで箱根芦ノ湖成川美術館、韮山反射炉へ向かった。
夜は、熱海サンビーチ沖に停泊し、熱海海上花火大会を観賞した。一行は八丈島(東京)、世界遺産の小笠原諸島・父島(同)をクルーズし、19日朝に東京港に帰港する。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-25

    南あたみ第一病院「夏樹・平木文庫」開設 熱海ゆかりの作家・夏樹静子さん作品

    創立45周年を迎える南あたみ第一病院(熱海市下多賀)は11月28日、記念事業として「ミステリーの女…
  2. 2020-11-23

    紅葉色づく庭園 秋の一般公開始まる 熱海・植物研究園、29日まで

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の市村清新技術財団・植物研究園で11月23日、「秋の一般公開」が始…
  3. 2020-11-22

    地平線に沈む夕陽に歓声、「トワイライト運行」 熱海・十国峠ケーブルカー

    秋の3連休に合わせ、熱海市と函南町に位置する十国峠ケーブルカー(伊豆箱根鉄道)で11月21…
  4. 2020-11-22

    「我慢の3連休」 紅葉色づく熱海梅園、第3波よそに観光客続々

    深まる秋、日本一遅い紅葉の名所・熱海梅園でも紅葉の色づきが進んでいる。新型コロナウイルスの…
ページ上部へ戻る