東京パラ、静岡県の聖火ランナー募集始まる 8月18日熱海スタート

東京パラリンピックの聖火リレーの静岡県の募集が12月16日、始まった。募集枠は、24人程度で応募条件は県内居住者および通勤・通学していることなど静岡にゆかりがあること。
聖火リレーは、来年8月18日から25日までの8日間、静岡や東京など競技会場がある4つの都県で実施。静岡県は初日の8月18日に行われ、熱海市をスタートして静岡市、御前崎市、菊川市、浜松市の5市を1日で巡る。
「共生」への願いを込め、国籍や障害の有無などを問わない3人1組の「ワンチーム」で走る。

応募は県の専用ホームページで16日から受け付けが始まり、来年2月15日まで。郵送でも受け付ける。電話の問い合わせは0800ー200ー2950。ランナーの当選者は、来年5月中旬以降、発表される予定。
(熱海ネット新聞)
■聖火ランナー募集要項…https://entry.pref.shizuoka.jp/tokyo2020torchrelay/paralympic/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-28

    客席500席 図書館とのセットは断念 熱海市が市民ホールの計画案示す 

    熱海市は2月28日、市役所で市民ホール「(仮称)熱海フォーラム」整備事業の説明会を開き、計…
  2. 2020-2-28

    スノーフレークが開花 春を彩る小雪のような可憐な花

    熱海市の伊豆山の国道135号線小学校バス停で春早にスズランのような白い花を咲かせる「鈴蘭水…
  3. 2020-2-27

    姫の沢公園のスイセン、1万株壊滅 イノシシの“ラッセル掘り” 被害

    熱海市の姫の沢公園内のスイセン園に約1万株植えられているラッパスイセンがイノシシに掘り起こ…
  4. 2020-2-27

    “新型コロナ”配慮、梅まつり1日で終了 熱海市が3月中のイベント中止を発表

    新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、熱海市の齋藤栄市長は2月27日、3月末までに…
ページ上部へ戻る