熱海市林ガ丘町にホテル建設計画、地上5階建て40室 

熱海市林ガ丘町に新ホテルが建設されることが12月17日、分かった。予定地は「大観荘」北西約150メートルで「コスモ熱海林ガ丘」下の空地。建設準備を進めているのは大阪市で不動産業などを手掛ける東申開発。計画では1181平方メートルの敷地に地上5階・地下1階のホテルを建てる。客室40室。延べ床面積は2358平方メートルで高さ20・950メートルを想定。開業時期は未定。同社は今年6月に会社登記された。
12月27日まで熱海市まちづくり課で開発事業事前協議書が縦覧できる。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-27

    姫の沢公園のスイセン、1万株壊滅 イノシシの“ラッセル掘り” 被害

    熱海市の姫の沢公園内のスイセン園に約1万株植えられているラッパスイセンがイノシシに掘り起こ…
  2. 2020-2-27

    “新型コロナ”配慮、梅まつり1日で終了 熱海市が3月中のイベント中止を発表

    新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、熱海市の齋藤栄市長は2月27日、3月末までに…
  3. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  4. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
ページ上部へ戻る