熱海市、ブルネイのホストタウン申請へ 東京オリンピック・パラリンピック

来年夏の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、熱海市はブルネイ・ダルサラーム国(ブルネイ)を相手国とした「ホストタウン」登録の準備を進めている。東京オリ・パラに出場する海外選手と地域住民の交流を図る「ホストタウン事業」で、参加207カ国・地域のうち55カ国・地域(10月末現在)で相手の自治体が決まっていないことから、内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部は全国の自治体に事前合宿を含む、ホストタウン登録を推進していた。
このほど、経済産業省クールジャパン政策課から、熱海市にブルネイとのマッチングの提案があり、熱海市は同国に対し、受け入れの用意があることを文書で伝えた。マッチングが進めば、来年2月ごろに市の担当者がブルネイを訪れ、姫の沢公園スポーツ広場(パラ陸上)、マリンスパあたみ(水泳)、南熱海マリンホール(パラ・バトミントン)での事前合宿について詰めの作業を行い、合意が得られれば協定を締結する。
熱海市は事前合宿にとどまらず、同国のロイヤルファミリーを含めた文化的・経済的な国際交流を目指しており、国に「交流型ホストタウン」を申請する予定。
ブルネイは石油、天然ガスに恵まれたアジアで最も裕福な小国。1人あたりの購買力平価は世界7位(2018年)。大富豪といわれる王族が暮らす豊かな国として知られ、医療費や教育費は無料。所得税はなく、給与水準も高い。熱海への誘客、投資が期待される。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

写真=ハサナル・ボルキア・ブルネイ国王陛下(左)と安倍晋三首相(外務省のfbより)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-27

    姫の沢公園のスイセン、1万株壊滅 イノシシの“ラッセル掘り” 被害

    熱海市の姫の沢公園内のスイセン園に約1万株植えられているラッパスイセンがイノシシに掘り起こ…
  2. 2020-2-27

    “新型コロナ”配慮、梅まつり1日で終了 熱海市が3月中のイベント中止を発表

    新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、熱海市の齋藤栄市長は2月27日、3月末までに…
  3. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  4. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
ページ上部へ戻る