熱海市、ブルネイのホストタウン申請へ 東京オリンピック・パラリンピック

来年夏の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、熱海市はブルネイ・ダルサラーム国(ブルネイ)を相手国とした「ホストタウン」登録の準備を進めている。東京オリ・パラに出場する海外選手と地域住民の交流を図る「ホストタウン事業」で、参加207カ国・地域のうち55カ国・地域(10月末現在)で相手の自治体が決まっていないことから、内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部は全国の自治体に事前合宿を含む、ホストタウン登録を推進していた。
このほど、経済産業省クールジャパン政策課から、熱海市にブルネイとのマッチングの提案があり、熱海市は同国に対し、受け入れの用意があることを文書で伝えた。マッチングが進めば、来年2月ごろに市の担当者がブルネイを訪れ、姫の沢公園スポーツ広場(パラ陸上)、マリンスパあたみ(水泳)、南熱海マリンホール(パラ・バトミントン)での事前合宿について詰めの作業を行い、合意が得られれば協定を締結する。
熱海市は事前合宿にとどまらず、同国のロイヤルファミリーを含めた文化的・経済的な国際交流を目指しており、国に「交流型ホストタウン」を申請する予定。
ブルネイは石油、天然ガスに恵まれたアジアで最も裕福な小国。1人あたりの購買力平価は世界7位(2018年)。大富豪といわれる王族が暮らす豊かな国として知られ、医療費や教育費は無料。所得税はなく、給与水準も高い。熱海への誘客、投資が期待される。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

写真=ハサナル・ボルキア・ブルネイ国王陛下(左)と安倍晋三首相(外務省のfbより)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  2. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
  3. 2020-6-3

    熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

    熱海市ではブーゲンビリアが満開を迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が初夏の街並みを南国ムードに…
  4. 2020-6-3

    熱海市の高齢化率(65歳以上人口)47・8%、静岡県の市で抜けてトップ

    静岡県は、2020年4月1日現在の総人口に対する65歳以上(高齢化率)と75歳以上(後期高齢率)を…
ページ上部へ戻る