上皇陛下の誕生日祝い献上 熱海梅園の紅白梅、市職員が宮内庁へ持参 

上皇陛下(明仁さま)の誕生日(12月23日)に献上する紅梅の八重寒紅(やえかんこう)と白梅の冬至梅(とうじばい)の出発式が12月20日、熱海市役所の正面玄関口であった。齊藤栄市長が富岡久和観光経済課長と鈴木英明秘書広報課秘書室長に献上梅を手渡しし、両職員が宮内庁に持参した。
熱海市は今年で86歳を迎えられる天皇陛下が皇太子時代の昭和44年(1969年)から毎年、熱海梅園の紅白梅の献上を続けており、今年で51回目。4月末に天皇を退位された後も続けたいと市が宮内庁に要望し、認められた。
この紅白梅は園内にあるオールコックの碑の縁で英国大使館、韓国庭園の開設を通じて韓国大使館にも持参する。
(熱海ネット新聞)


■献上コース 熱海市役所→宮内庁→英国大使館→韓国大使館
■オールコックの碑 英国公使オールコックは、万延元年(1860年)富士登山をしたあと熱海温泉に泊まり、その山海奇勝を愛して碑を建てた。碑文は「羅多保津斗安有留古津久英国美仁須登留」と始まる。
■韓国庭園 平成12年(2000年)9月に当時の森首相と金大中大統領との日韓首脳会談が熱海で行われた際に 熱海梅園を訪れ園内を散策し歓談。日本と韓国の友好と世界平和が永久に続くことを願い、 朝鮮時代の伝統様式と手法を取り入れた庭園を整備した。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-25

    3密避け、南熱海マリンホールで食中毒講習会 多賀、網代の飲食業者に注意喚起

    熱海食品衛生協会(森田金清会長)は11月25日、熱海市下多賀の南熱海マリンホール で「食中…
  2. 2020-11-25

    南あたみ第一病院「夏樹・平木文庫」開設 熱海ゆかりの作家・夏樹静子さん作品

    創立45周年を迎える南あたみ第一病院(熱海市下多賀)は11月28日、記念事業として「ミステリーの女…
  3. 2020-11-23

    紅葉色づく庭園 秋の一般公開始まる 熱海・植物研究園、29日まで

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の市村清新技術財団・植物研究園で11月23日、「秋の一般公開」が始…
  4. 2020-11-22

    地平線に沈む夕陽に歓声、「トワイライト運行」 熱海・十国峠ケーブルカー

    秋の3連休に合わせ、熱海市と函南町に位置する十国峠ケーブルカー(伊豆箱根鉄道)で11月21…
ページ上部へ戻る