熱海梅園もみじまつりの人出4万821人 暖冬で紅葉遅れ、前年比28%減

熱海市観光協会は「熱海梅園もみじまつり」(11月16日~12月8日)の人出をまとめ、発表した。開催期間中に熱海梅園を訪れた人は4万821人で前年(5万7114人)を1万6243人下回った。約28パーセント減。暖冬で紅葉が遅れたことが影響した。昼夜別では昼が3万8014人、ライトアップされた夜が2807人。梅園前駐車場の利用者は昼5502台、夜568台でこちらも約26パーセント減少した。
写真は紅葉が見頃過ぎに入った12月21日の園内の様子。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-18

    大寒桜、大島桜、寒緋桜…あたみ桜に代わってが一斉に見頃

    東海地方で2月16日夜、春一番が吹いた影響で17日は暖かい南寄りの風で4月上旬の暖かさとな…
  2. 2020-2-18

    熱海市の2020年一般会計当初予算 前年比12億円減の186億円

    熱海市は2月17日、2020年度当初予算案を発表した。一般会計は大型インフラ整備が終了したとして、…
  3. 2020-2-17

    ブラタモリ・熱海編の古屋旅館のお宝、温シェルジェ&温泉観光士養成講座

    熱海市と日本温泉地域学会が主催する「温シェルジェ&温泉観光士養成講座」が2月14日〜16日の3日間…
  4. 2020-2-16

    露地栽培の熱海産カンキツ類、土産物に人気 「うみえ〜る長浜」直配所

    熱海市長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」では、毎週金曜日~月曜日まで地域の農家(約70人)が…
ページ上部へ戻る