東京五輪聖火ランナー 熱海市では石井裕隆さん(熱海商工会議所職員)決定

静岡県内で来年6月24〜26日にある東京五輪の聖火リレーについて、県実行委員会は12月25日、公募で選んだランナー61人と推薦ランナー2人を発表した。
4212人の申し込みがあり、倍率は約70倍だった。「自己実現を図り、夢をかなえた人」のテーマに沿って、35市町にゆかりのある1~3人ずつを選出した。熱海市では、熱海市商工会議所職員の石井裕隆さん(35)が選ばれ、3日目(伊東、下田、伊豆の国、伊豆)の区間を走る。

■石井裕隆さんの自己PR・応募動機 「熱海の市長になりたいです。13年前今の職場に面接試験で応えたのを今でも覚えています。私は今35歳、市長になる夢は今はありませんが、熱海の街を自分の生命を使って良くしたいという気持ちは変わらず持っています。 聖火リレーのコースに選ばれなかった熱海の名を東京オリンピックに刻みたいという想いと、熱海の代表として走るこ とでこれからの私の人生をより熱海の街に尽くしていく指針になると感じます」

推薦ランナーは1992年バルセロナ五輪競泳で金メダルに輝いた岩崎恭子さん(41)と、2008年北京、16年リオデジャネイロ、パラリンピックの走り幅跳びで銀メダルを獲得した山本篤さん(37)。残る推薦枠の著名人2人は年明けに発表される。
(熱海ネット新聞)

静岡県内の聖火ランナー紹介…https://www.pref.shizuoka.jp/bunka/bk-320/olypara/documents/seika-ichiran.pdf

■6月24日(水)=湖西市→浜松市→磐田市→袋井市→掛川市→島田市→静岡市
■6月25日(木)=牧之原市→藤枝市→焼津市→静岡市→富士市→長泉町→三島市→沼津市
■6月26日(金)=伊東市→下田市→伊豆の国市→裾野市→小山町→御殿場市→伊豆市→富士宮市

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-22

    大相撲デビューの熱海富士、序ノ口で6勝1敗 千秋楽の優勝決定戦へ 

    大相撲初場所は1月22日、東京・両国国技館で13日目の取組が行われ、東序ノ口25枚目の熱海富士(1…
  2. 2021-1-22

    熱海市で高齢でない女性がコロナ感染 感染経路は県外陽性者との接触/1月22日

    静岡県は1月22日、熱海市に住む高齢でない成人の女性(熱海市68例目、県4101例目)の新型コロナ…
  3. 2021-1-22

    熱海市昭和町の雑居ビル火災 遺体の身元が判明 59歳の住人女性

    1月9日に熱海市昭和町のアパートや事務所が入った雑居ビルが全焼した火災で、焼け跡から見つかった遺体…
  4. 2021-1-22

    今宮神社、節分豆まきを中止 神事と福引きの抽選は実施

    熱海市の今宮神社は、2月2日に予定していた「節分豆祭」の豆まきの中止を決めた。午後5時から節分祭神…
ページ上部へ戻る