10月の熱海市内宿泊客18%減 台風19号が打撃 5年連続300人超えは確実

熱海市が12月25日公表した10月の宿泊旅行統計調査(入湯税ベース)によると、熱海市内の延べ宿泊者数は21万5017人(速報値)と、前年同期の26万4085人と比べて18・6%減少した。台風19号の影響で一部地域で断水したことと、JRの計画運休発表に伴う宿泊キャンセルが深刻だったことが改めて浮き彫りになった。伊豆山地区が同29・2%ともっとも落ち込みが大きかった。
1月から10月末までの累計宿泊者数は258万3350人で前年同時期を上回っており、11月、12月とも前年を上回る宿泊客が訪れていることから、5年連続の300万人超えは確実となった。

また市内の日帰り温泉利用者も10月現在で7万5884人増え、19万5201人(約38%増)。3月末に開業した熱海後楽園ホテルの複合型日帰り温泉施設「 オーシャンスパ Fuua(フーア)」が誘客を牽引している。
(熱海ネット新聞)
※入湯税の数値は申告が月をまたぐ場合があり、速報値と多少誤差が生じる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-27

    姫の沢公園のスイセン、1万株壊滅 イノシシの“ラッセル掘り” 被害

    熱海市の姫の沢公園内のスイセン園に約1万株植えられているラッパスイセンがイノシシに掘り起こ…
  2. 2020-2-27

    “新型コロナ”配慮、梅まつり1日で終了 熱海市が3月中のイベント中止を発表

    新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、熱海市の齋藤栄市長は2月27日、3月末までに…
  3. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  4. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
ページ上部へ戻る