熱海の3神社で大みそか 来宮神社、伊豆山神社、今宮神社 例年以上に賑わい

https://youtu.be/oOdKbWqDrtc

令和初の年越しを迎え、12月31日夜から元旦にかけて熱海市の各神社でも多彩な催しがあり、初詣に足を運ぶ人たちの姿が続いた。
来宮神社には、大みそかから新年を祝う参拝客が訪れ、例年以上のにぎわいを見せた。31日午後11時から始まった古神札焼納祭・大祓式を終え、午前零時が近づくと、さい銭箱の前に集まった参拝客がカウントダウン。一斉にさい銭が投げ込まれ、手を合わせての祈願が始まった。

本年度、同神社の責任当番町を務める「浜町」(福井敏幸委員長)の役員、御鳳輦奉賛をする厄年奉賛会(二見一輝瑠代表)の会員も神事に参列、新年を迎え思いを新たにした。

同神社では、参拝者にお守りやお札を授ける正月臨時巫女(みこ)を32人募集し、研修で作法や心得を学んだ学生たちが案内。正月三が日の参拝者を前年を3万人上回る15万人を見込んでいる。
(熱海ネット新聞)

伊豆山神社では31日午後4時から「大祓式」を執り行い、参拝者が境内に設置された直径約2・5メートルの「茅の輪(ちのわ)」をくぐり、無病息災を願った。午後11時40分からの「除夜祭」では、神社役員や令和2年度伊豆山神社厄年奉賛会「伊豆山午未昭令會」が参列。同会は初詣参拝者に「お汁粉」、「お神酒」を振る舞い、新年を祝った。
(熱海ネット新聞)

今宮神社では31日午前11時から、古札焼納祭、同40分から除夜祭。年が明けると元旦祭が始まり、参拝者に御神酒、甘酒、お汁粉を振る舞った。31日と1日は、境内の「源頼朝公ゆかりの足湯」を開設し、初詣客をもてなしている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-2-26

    熱海市で新たに1人がコロナ感染 高齢でない成人 県内陽性者との接触で 

    静岡県は2月26日、熱海市に住む高齢でない成人1人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。…
  2. 2021-2-26

    【お悔やみ】有賀輝夫さん(熱海市上多賀)2月24日死去

    有賀輝夫さん(ありが・てるお)2月24日死去、90歳。熱海市上多賀26。出棺3月2日午前11時、J…
  3. 2021-2-25

    市長も愕然 昨年の熱海市の宿泊客数、40%減の185万人 過去最低を記録

    熱海市は2月25日、昨年(2020年)の年間宿泊客数が185万6884人だったと発表した。前年比で…
  4. 2021-2-25

    3月7日の熱海海上花火大会、3月30日に延期 21日、27日は開催の方針

    熱海市ホテル旅館協同組合連合会は2月25日、3月に予定していた計3回の熱海海上花火大会のうち、3月…
ページ上部へ戻る