年越しの風物詩、誓欣院の鐘つき 熱海人気で長蛇の列

熱海市上宿町の浄土宗法界山「誓欣院(せいごいん)」で大晦日の12月31日、参拝者による除夜の鐘突きがあり、「ゴーン」という鐘の音が熱海市街に響いた。午後同10時から鐘つきの整理券108枚を配布したが、長蛇の列ができ、スタートの午後11時20分を待たず、満杯。希望者が引きもきらなかったことから、200回ほど梵音を響かせ、新年を迎えた。

もともとは地元の檀家や近隣住民が除夜の鐘をついていたが、近年は観光客の参加が急激に増加。参拝者に無料で振る舞った130杯の年越しそば、200杯の甘酒も約30分で売り切れる盛況ぶり。

長田明頼住職長は、例年以上の初詣客について「近年は除夜の鐘をうるさい、などとする苦情が寄せられ、中止したり時間を夕方や昼間に変更したりする寺院が増えている。そういう首都圏の方々が年越しの風物詩を求めて、参拝しているのではないか」と話した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-26

    緊急事態の全面解除で警戒 首都圏からの観光客が7〜8割の熱海市

  2. 2020-5-26

    熱海の病院職員のコロナ感染 濃厚接触者の外来患者、職員「全員陰性」

  3. 2020-5-25

    来宮神社厄年奉賛会 6月1日授業再開の小中学生全員にマスク寄贈

  4. 2020-5-24

    国際医療福祉大学熱海病院の男性職員、新型コロナ感染 経路は不明

ページ上部へ戻る