熱海湾に1日遅れのご来光、オレンジの“初日の出”に拍手と歓声

熱海湾で1月2日午前6時50分過ぎ、低く垂れ込めた雲を突き抜けるようにオレンジ色のご来光が上がり、拍手と歓声が起きた。前日の元旦は、厚い雲の隙間から放射線状のオレンジの光が覗いたものの、太陽は顔を出さず、残念な初日の出となった。

一夜開けた2日早朝も、熱海湾の渚親水公園のレインボーデッキやスカイデッキ、ムーンテラス、熱海サンビーチには、令和になって最初の“初日の出”を拝もうと多くの観光客や市民が繰り出し、その瞬間を待った。澄み切った東の空が次第にオレンジ色に染まり、太陽が姿を現すと手を合わせたり、スマホで写真に収めたりして「いい年になりますように…」と新年に願いを込めた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-6

    熱海梅園もみじまつりの人出3万2259人 前年比32%増

    熱海市観光協会は12月6日、「熱海梅園もみじまつり」(11月13日~12月5日)の人出をまと…
  2. 2021-12-6

    熱海土石流で熱海署、殺人容疑の告訴状受理 未必の故意捜査へ

    熱海市伊豆山で26人が死亡、1人が行方不明になっている土石流災害で、静岡県警熱海署は12月6日、土石…
  3. 2021-12-6

    忘年花火大会始まる 「バイ・シズオカ」効果で県内宿泊客増加

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月5日夜、…
  4. 2021-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 きょう最終日、閉幕惜しみ観光客続々

    11月14日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月5日に全日程を終了し、閉幕する。「日本一遅い紅…
ページ上部へ戻る