買われるごとに威勢良く掛け声 網代おやじの会、夜通しで「縁起物市」

正月1月2日夜、熱海市網代片町の弁天神社下にある「弁天ひもの店」横駐車場で「縁起物市場」が開催された。夜通しのだるま売りで知られ、50年以上続く年頭行事。網代地区の父親たちでつくる「網代おやじの会」(聞間秀人会長)がだるまや正月飾りなどの縁起物を販売した。

会場では、商売繁盛などの御利益があるとされる縁起物が売れるたびに、威勢の良いかけ声と網代太鼓の音が国道135号の名所”網代ひもの銀座”に響き渡った。売り上げによる利益は地元イベントなどに全額還元する。
弁天神社へ上る階段には灯が灯され、参拝客が商売繁盛や幸多い新年を願って手を合わせた。
(熱海ネット新聞)
■開催時間 1月2日午後9時〜3日午前6時

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-26

    緊急事態の全面解除で警戒 首都圏からの観光客が7〜8割の熱海市

    政府は5月25日、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言が継続中だった北海道と首都圏の東…
  2. 2020-5-26

    熱海の病院職員のコロナ感染 濃厚接触者の外来患者、職員「全員陰性」

    静岡県は5月25日、前日公表した国際医療福祉大学熱海病院の男性職員(三島市)の新型コロナウイルス感…
  3. 2020-5-25

    来宮神社厄年奉賛会 6月1日授業再開の小中学生全員にマスク寄贈

    熱海市の来宮神社例大祭(7月14日-16日)で今年度、御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉…
  4. 2020-5-24

    国際医療福祉大学熱海病院の男性職員、新型コロナ感染 経路は不明

    静岡県は5月24日、熱海市の国際医療福祉大学熱海病院の男性職員が新型コロナウイルスに感染したと発表…
ページ上部へ戻る