凧や羽子板作り、子どもたちが体験 姫の沢公園で「初あそび」イベント

熱海市の姫の沢公園で1月4日、子ども向けの新年を祝う遊びのイベント「初あそび」が初開催され、大勢の親子連れでにぎわった。参加者は公園内の「スポーツ広場」管理棟で、駿河凧(するがだこ)やミニ羽子板などをつくる体験をしたほか、約2メートルの福笑い、落ち葉のプールでの宝探しなどを楽しんだ。羽子板は折り紙やシールなどで思い思いに作り制作。広場では、自分たちが作った凧を舞い上がらせ、新年へ願いを込めた。

2019年4月に指定管理者となった姫の沢公園パートナーズ(伊豆箱根鉄道などで構成)が主催。けんだま、サッカーボール、バトミントン、フラフープ、大縄跳び、グラウンドゴルフセットなど10種類の遊具も無料で貸し出した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-7

    「熱海市の発展に使って」市にゆかりのある夫妻が匿名で3000万円寄付

    熱海市は8月7日、「熱海市の発展のために使ってほしい」と、熱海市にゆかりのある夫妻から現金3000…
  2. 2020-8-7

    【お悔やみ】石塚周三さん(熱海市和泉)8月4日死去

    石塚周三さん(いしづか・しゅうぞう)8月4日死去、79歳。熱海市泉。通夜8日午後6時。葬儀9日午後…
  3. 2020-8-6

    熱海サンビー混雑状況 初めて「普通」表示 800人以下の「空き」脱出

    熱海海上花火大会が開催された8月5日、熱海サンビーチには首都圏などから多くの海水浴客が訪れた。新型…
  4. 2020-8-6

    4カ月遅れて熱海海上花火大会 ライブ配信が奏功 生観覧は例年の約4割

    新型コロナウイルスの影響で4月から中止が続いた熱海海上花火大会が8月5日夜、熱海湾であり、…
ページ上部へ戻る