凧や羽子板作り、子どもたちが体験 姫の沢公園で「初あそび」イベント

熱海市の姫の沢公園で1月4日、子ども向けの新年を祝う遊びのイベント「初あそび」が初開催され、大勢の親子連れでにぎわった。参加者は公園内の「スポーツ広場」管理棟で、駿河凧(するがだこ)やミニ羽子板などをつくる体験をしたほか、約2メートルの福笑い、落ち葉のプールでの宝探しなどを楽しんだ。羽子板は折り紙やシールなどで思い思いに作り制作。広場では、自分たちが作った凧を舞い上がらせ、新年へ願いを込めた。

2019年4月に指定管理者となった姫の沢公園パートナーズ(伊豆箱根鉄道などで構成)が主催。けんだま、サッカーボール、バトミントン、フラフープ、大縄跳び、グラウンドゴルフセットなど10種類の遊具も無料で貸し出した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-10-24

    森村誠一さん提唱の「熱海写真俳句撮詠物語」展 起雲閣で開催中

    写真俳句提唱者の森村誠一さんが名誉顧問を務める写真俳句団体「熱海写真俳句撮詠物語」(矢崎英夫代表)…
  2. 2020-10-24

    世界ポリオデー 熱海南ロータリークラブ、熱海駅で撲滅呼びかけ

    ポリオ(小児まひ)の根絶を目指す世界ポリオデーの10月24日、熱海南ロータリークラブ(岸秀…
  3. 2020-10-23

    熱海の奥座敷・小嵐町に温泉宿「SOKI ATAMI(そき あたみ)」開業

    小田急グループのUDS(東京都渋谷区)は10月22日、熱海市の奥座敷・小嵐町に11月1日開…
  4. 2020-10-22

    全国でも珍しい泊まれる国の登録文化財 旧井上馨公爵熱海邸 初の一般公開 

    熱海市教育委員会は10月22日、文化財所有者の協力で熱海市泉にある国登録有形文化財「旧井上侯爵家熱…
ページ上部へ戻る