凧や羽子板作り、子どもたちが体験 姫の沢公園で「初あそび」イベント

熱海市の姫の沢公園で1月4日、子ども向けの新年を祝う遊びのイベント「初あそび」が初開催され、大勢の親子連れでにぎわった。参加者は公園内の「スポーツ広場」管理棟で、駿河凧(するがだこ)やミニ羽子板などをつくる体験をしたほか、約2メートルの福笑い、落ち葉のプールでの宝探しなどを楽しんだ。羽子板は折り紙やシールなどで思い思いに作り制作。広場では、自分たちが作った凧を舞い上がらせ、新年へ願いを込めた。

2019年4月に指定管理者となった姫の沢公園パートナーズ(伊豆箱根鉄道などで構成)が主催。けんだま、サッカーボール、バトミントン、フラフープ、大縄跳び、グラウンドゴルフセットなど10種類の遊具も無料で貸し出した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-22

    26日からワクチン予約開始 申し込み殺到に備え、受付電話を午後8時まで延長 

    熱海市は、65歳以上(約1万7800人)を対象とした新型コロナウイルスのワクチン接種の予約受け付け…
  2. 2021-4-22

    【お悔やみ】下村征夫さん(熱海市西熱海町)4月20日死去

    下村征夫さん(しもむら・いくお)4月20日死去、79歳。熱海市西熱海町2の11の10。通夜23日午…
  3. 2021-4-21

    「プリンス スマート イン 熱海」開業 スマホ完結の“非接触型”ホテル

    プリンスホテルは4月21日、低料金の新ホテル「プリンス スマート イン 熱海」(地上8階…
  4. 2021-4-20

    熱海保健所管内でコロナ変異株初確認 すでに発表している20代男性

    静岡県は4月20日、すでに発表している新型コロナウイルス感染者の内、熱海保健所管内の20代男性の変…
ページ上部へ戻る