熱海梅園「梅まつり」が開幕 梅の甘い香り、熱海に一足早い春告げる

熱海梅園で1月11日、第76回「梅まつり」が開幕、ひと足早い春を求める観光客でにぎわった。オープニングセレモニーは、恒例の熱海・大島交歓会で始まり、中島幹雄熱海市観光協会会長、齋藤栄市長、伊豆大島(東京都大島町)の橘田竹弘副町長と白井岩仁観光協会会長が壇上に立ち、両市町のシンボルである梅と椿を交換し、交流を深めた。

第31代梅の女王の杉本和香奈(わかな)さん(22)、梅娘の小竹珠利亜(じゅりあ)さん(21)と佐藤未菜(みな)さん(20)、桜娘の伊藤あすかさん(26)と本田りかさん(22)の5人のミス熱海がお披露目され、熱海・大島交歓会で訪れたミス大島の竹中愛佳さん(23)、ミス椿の女王の原川朋華さんとともに来園者をもてなした。

ステージでは、熱海芸妓のほたるさん、こはくさん、蘭さん、琴千代さん、千代華さんが「熱海ぎんざ」「新幹線」「さのさ」「梅まつりの唄」「三下り三下り甚句」の5演目をあでやかに披露した。
地方は唄・小文さん、三味線・旬子さん、鳴物・小いちさん。

初日は中央広場で熱海囃子(ばやし)笛伶会(てきれいかい)の演奏やミス熱海の撮影会、甘酒の無料サービスがあり、園内の香林亭では新春梅見落語会がスタート。林家はな平さんが名人芸を披露した。大島町は椿のキーホルダーなど200人分を梅園入り口で配り、1月26日から始まる「椿まつり」(〜3月22日)をピーアールした。

梅まつり期間中の熱海梅園は、午前8時半~午後4時の入園が有料。一般300円(中学生以下無料)、市民と宿泊客は100円。3月8日まで。
今年は相乗効果を期待して「あたみ糸川桜まつり」(〜2月9日)と同時開幕した。
(熱海ネット新聞)


■開花状況
全体(59品種・全472本)166本開花
(2分咲き20本、3分咲き17本)
・早咲き(全271本)154本開花
・中咲き(全104本)12本開花

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-26

    熱海市、中小事業者に2度目の給付金10万円 1月か12月の売上半減が条件

    熱海市は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言などの影響で売り上げが大幅に減少した中小事…
  2. 2021-1-25

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 感染経路は県内陽性者との接触/1月25日

    静岡県は1月25日、熱海市に住む高齢でない成人(熱海市87例目、県4256例目)の新型コロナウイル…
  3. 2021-1-24

    熱海富士、序ノ口で優勝 千秋楽の優勝決定戦で連勝 将来の横綱に第一歩

    大相撲初場所は1月24日、東京・両国国技館で千秋楽の取組が行われ、ともえ戦で行われた序ノ口の優勝決…
  4. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
ページ上部へ戻る