熱海サンビーチで「どんどん焼き」 市民・観光客500人が健康と安全祈る

正月にかかげられたしめ飾りなどを、ご神火をもって焚き上げる伝統行事「第35回どんどん焼き」(連合町内会中部部会主催)が1月12日、熱海サンビーチで開かれた。神事に続いて来宮神社の雨宮盛克宮司が、お飾りやだるまを若竹で組み上げた高さ20mのおんべに火をつけると、パチパチと音を立てながら一気に炎上。おんべを取り囲んだおよそ500人の市民や観光客はオレンジ色の炎に今年1年の健康や安全を祈った。
どんどん焼きの火で焼いた団子を食べると風邪をひかないと言い伝えられ、当番町の東銀座町内会(栗原新次実行委員長)は、市民や観光客に紅白のもちと焼き芋を各500個ふるまい、長い列ができた。
5年前までは、竹の棒の先端につけられた団子を代わる代わる火にかざして伝統行事を楽しんだが、竹の棒を作る職人が減少。現在は市内和菓子店特製の紅白のもちを振る舞うスタイルにスイッチしている。
終了後は連合町内会中部地区の10町内が総力を挙げておんべを除去、清掃し、熱海サンビーチの景観を取り戻した。
(熱海ネット新聞)
■どんどん焼き 古くなった神札(おふだ)、正月の松飾り・注連縄(しめなわ)・だるまなどを家々から持ち寄り、一カ所に積み上げて燃やし、無病息災を願うお正月の火祭り行事。「どんど焼き」、「おんべ焼き」とも呼ばれる。
■主催・熱海市連合町内会中部部会 本町・汐見町・東銀座町・浜町・銀座町・東町・中央渚町・旭町・温泉通り町・友楽町

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-4

    コロナ対策優先、熱海フォーラム事業凍結 齋藤栄市長が議会で表明 

    熱海市の齋藤栄市長は6月4日、市議会6月定例会で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応するため、…
  2. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  3. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
  4. 2020-6-3

    熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

    熱海市ではブーゲンビリアが満開を迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が初夏の街並みを南国ムードに…
ページ上部へ戻る