熱海芸妓が県庁に川勝知事訪問 梅と桜まつり、熱海をどりなどをPR

熱海温泉のシンボル熱海芸妓と齋藤栄市長、中島幹雄市観光協会長、宇田勝副会長らが 1月15日、静岡県庁に川勝平太知事を訪ね、観光PRを行った。熱海芸妓置屋連合組合の西川千鶴子組合長(松千代さん)とともに日本髪に稲穂飾り、黒の衣装で訪問したのは美保さん、ちづ子さん、静さんの3人。持参した「熱海梅園梅まつり あたみ桜糸川桜まつり」「熱海をどり」「華の舞」のポスターを広げて内容を説明、誘客への協力を求めた。

市長は「梅まつり」と「あたみ桜糸川桜まつり」が今年初めて同時開幕したこと、芸妓衆は4月28日、29日に「熱海をどり」が開催されることなどを紹介。静さんが招待状とともに熱海梅園の紅白の梅、熱海ブランドA-PLUS認定商品のお菓子を贈り、「ぜひいらしてください」と歓談。知事は「近年の熱海の盛り上がりは静岡県としても嬉しいこと。一足早い春の訪れを静岡に運んできてくれてありがとう」と感謝の言葉を述べた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-27

    姫の沢公園のスイセン、1万株壊滅 イノシシの“ラッセル掘り” 被害

    熱海市の姫の沢公園内のスイセン園に約1万株植えられているラッパスイセンがイノシシに掘り起こ…
  2. 2020-2-27

    “新型コロナ”配慮、梅まつり1日で終了 熱海市が3月中のイベント中止を発表

    新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、熱海市の齋藤栄市長は2月27日、3月末までに…
  3. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  4. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
ページ上部へ戻る