尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚保存会主催)が1月17日、熱海市春日町の湯宿一番地(旧志ほみや旅館)玄関前の筆塚碑広場であった。来宮神社・雨宮盛克宮司の神事に続いて、参列者は紅葉が生前、愛用していた筆が祀(まつ)られている筆塚(昭和7年建立)に玉串を捧げ、遺徳をしのんだ。

同旅館社長で保存会の榛葉公孝会長が「いま熱海がこのように多くのお客様に恵まれているのは、尾崎紅葉先生が書かれた金色夜叉の功績が大きい。先生の功績を次の世代に伝えていかなければならない」とあいさつし、齋藤栄市長、竹部隆市議会議長が祝辞を述べた。今年は筆塚の脇に植わる八重寒紅が満開となり、伝統行事に花を添えた。
(熱海ネット新聞)

■筆塚保存会=東田原町、田原町、田原本町、桃山台町、桃山町の5町内会の保存会メンバーで構成。昭和28年に始まり、今年で68回目。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-28

    3月14日の「伊豆多賀温泉わかめまつり」も中止 “新型コロナ”拡大で

    多賀観光協会は、3月14日に長浜海浜公園で予定していた「伊豆多賀温泉わかめまつり」の中止を決めた。…
  2. 2020-2-28

    熱海市、新型コロナウイルス対策本部を設置 静岡市で県内初感染者

    静岡市の男性が新型コロナウイルスに感染したのを受けて、熱海市は2月28日、市役所内に新型コロナウイ…
  3. 2020-2-28

    観客席500席 図書館とのセットは断念 熱海市が市民ホール計画案示す 

    熱海市は2月28日、市役所で市民ホール「(仮称)熱海フォーラム」整備事業の説明会を開き、計…
  4. 2020-2-28

    スノーフレークが開花 春を彩る小雪のような可憐な花

    熱海市の伊豆山の国道135号線小学校バス停で春早にスズランのような白い花を咲かせる「鈴蘭水…
ページ上部へ戻る