「貫一・お宮なべ」振る舞い「金色夜叉」をPR 仲見世通り商店街

尾崎紅葉筆塚祭を盛り上げようと、熱海駅から筆塚への通り道となる「熱海仲見世振興会」(椎野文夫会長、32軒)は1月17日、同祭に合わせ、仲見世通り商店街で温かい「貫一・お宮鍋」300人分を振る舞った。
「貫一鍋」はお麩と海苔のみそ汁。「お宮鍋」はナメコのみそ汁。老舗寿司店「だるま」が提供した。同振興会では金色夜叉のPRと商店街の活性化のために、2008年から毎年このイベントを続けている。鍋をを楽しみに訪れた市民に尾崎紅葉祭や梅園梅まつりに向かう観光客も加わり、湯気の立つ2つの大鍋の前には列ができた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-28

    3月14日の「伊豆多賀温泉わかめまつり」も中止 “新型コロナ”拡大で

    多賀観光協会は、3月14日に長浜海浜公園で予定していた「伊豆多賀温泉わかめまつり」の中止を決めた。…
  2. 2020-2-28

    熱海市、新型コロナウイルス対策本部を設置 静岡市で県内初感染者

    静岡市の男性が新型コロナウイルスに感染したのを受けて、熱海市は2月28日、市役所内に新型コロナウイ…
  3. 2020-2-28

    観客席500席 図書館とのセットは断念 熱海市が市民ホール計画案示す 

    熱海市は2月28日、市役所で市民ホール「(仮称)熱海フォーラム」整備事業の説明会を開き、計…
  4. 2020-2-28

    スノーフレークが開花 春を彩る小雪のような可憐な花

    熱海市の伊豆山の国道135号線小学校バス停で春早にスズランのような白い花を咲かせる「鈴蘭水…
ページ上部へ戻る