旅情を揺さぶる冬景色 一夜明け、熱海が「別の顔」 山間部が一面銀世界

熱海市が晴天となった1月19日朝、熱海市街では滅多に見られない雪景色が眺望できた。前日、前線を伴う低気圧と寒気が上空に流れ込んだ影響で、市内山間部は18日朝から初雪が降り、冠雪。ホテル旅館が並ぶ海沿いの市街地は冷たい雨に留まり、雪は降らなかった。しかし、一夜明けたらご覧のような山間部の雪景色が広がった。
地図を見ると泉、伊豆山、熱海、多賀、網代とタテ長の熱海市だが、高低もけっこう広く、温暖差が見て取れる。コートダジュールに似たいつもの南欧景色が一夜で北欧に様変わり。早咲きのあたみ桜が次に開花する一方で旅情を揺さぶる冬景色。冬と春が交錯、どちらも熱海ー。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-28

    3月14日の「伊豆多賀温泉わかめまつり」も中止 “新型コロナ”拡大で

    多賀観光協会は、3月14日に長浜海浜公園で予定していた「伊豆多賀温泉わかめまつり」の中止を決めた。…
  2. 2020-2-28

    熱海市、新型コロナウイルス対策本部を設置 静岡市で県内初感染者

    静岡市の男性が新型コロナウイルスに感染したのを受けて、熱海市は2月28日、市役所内に新型コロナウイ…
  3. 2020-2-28

    観客席500席 図書館とのセットは断念 熱海市が市民ホール計画案示す 

    熱海市は2月28日、市役所で市民ホール「(仮称)熱海フォーラム」整備事業の説明会を開き、計…
  4. 2020-2-28

    スノーフレークが開花 春を彩る小雪のような可憐な花

    熱海市の伊豆山の国道135号線小学校バス停で春早にスズランのような白い花を咲かせる「鈴蘭水…
ページ上部へ戻る