暖かな大寒 糸川遊歩道のあたみ桜、一気に咲き進む 観光客続々

二十四節気の一つで最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」の1月20日、熱海市では網代で14・1度を観測するなど市内全域で3月下旬並みの暖かさとなった。
「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道では、あたみ桜が一気に咲き進み、多くの木が見ごろに入り、今週末には全体の見ごろを迎える。花の蜜を求めてメジロが続々飛来。鳴き声を上げながら飛び交う姿が観光客の目を楽しませている。首都圏をはじめ、静岡県内、甲信越からツアーバスが立ち寄り、花見客で賑わっている。日本最速の春景色。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-3

    令和樹神會、熱海中学校を訪問「モォー」塩見校長も豪快に「麦こがし」 

    来宮神社の例大祭で本年度御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「令和樹神會」(れいわこだまかい)…
  2. 2020-7-3

    来宮神社「令和樹神會」の天狗慰問始まる 桃山小学校で「御鳳輦」伝統伝える

    来宮神社の例大祭(14~16日)で本年度御鳳輦(ほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「令和樹神會…
  3. 2020-7-3

    熱海市和田浜南町に新ホテル建設 地上9階建て31室 ニュータカハシ跡地

    熱海市和田浜南町に新ホテルが建設されることが分かった。場所は国道135号沿いのホテル「ニュータカハ…
  4. 2020-7-2

    熱海南ロータリークラブ、新会長に岸秀明さん 創立60周年事業を推進

    熱海南ロータリークラブは7月2日、熱海後楽園ホテルで今年度の初例会を開き、新会長に就任した岸秀明氏…
ページ上部へ戻る