熱海市民駅伝 中部Aチーム、6年連続の総合優勝 2位は多賀A

第16回熱海市民駅伝競走大会が1月25日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・2キロで開催された。町内会などの部14、一般の部8の計22チームが出場し、2部門でたすきをつないでゴールを目指した。町内会等の部では中部Aチームが49分33秒で6年連続7度目の優勝。総合優勝も果たした。2位は1分23秒差で多賀A。3位にはさらに33差で泉Aが力走した。
一般の部は熱海高校バスケ・野球部が53分57秒で優勝。泉エンジョイランニングAが2位。東海医療が3位だった。
全チームがそれぞれの地域、団体の期待と夢を背負ってタスキをつなぎ、全チームが完走した。
(熱海ネット新聞)
■気象 天候=晴れ、気温=8・0度、風速3・0m
■主催 熱海市、主管=NPO法人熱海市体育協会

熱海路を市民ランナーが駆け抜ける第16回熱海市民駅伝競走大会の出発式が1月25日午前8時半から市営東駐車場上のサンデッキで行われた。大会に出場する22チームが見守る中、前年優勝の中部Aチームの優勝旗を返還した。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  2. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
  3. 2020-6-3

    熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

    熱海市ではブーゲンビリアが満開を迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が初夏の街並みを南国ムードに…
  4. 2020-6-3

    熱海市の高齢化率(65歳以上人口)47・8%、静岡県の市で抜けてトップ

    静岡県は、2020年4月1日現在の総人口に対する65歳以上(高齢化率)と75歳以上(後期高齢率)を…
ページ上部へ戻る