熱海市民駅伝 中部Aチーム、6年連続の総合優勝 2位は多賀A

第16回熱海市民駅伝競走大会が1月25日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・2キロで開催された。町内会などの部14、一般の部8の計22チームが出場し、2部門でたすきをつないでゴールを目指した。町内会等の部では中部Aチームが49分33秒で6年連続7度目の優勝。総合優勝も果たした。2位は1分23秒差で多賀A。3位にはさらに33差で泉Aが力走した。
一般の部は熱海高校バスケ・野球部が53分57秒で優勝。泉エンジョイランニングAが2位。東海医療が3位だった。
全チームがそれぞれの地域、団体の期待と夢を背負ってタスキをつなぎ、全チームが完走した。
(熱海ネット新聞)
■気象 天候=晴れ、気温=8・0度、風速3・0m
■主催 熱海市、主管=NPO法人熱海市体育協会

熱海路を市民ランナーが駆け抜ける第16回熱海市民駅伝競走大会の出発式が1月25日午前8時半から市営東駐車場上のサンデッキで行われた。大会に出場する22チームが見守る中、前年優勝の中部Aチームの優勝旗を返還した。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-28

    3月14日の「伊豆多賀温泉わかめまつり」も中止 “新型コロナ”拡大で

    多賀観光協会は、3月14日に長浜海浜公園で予定していた「伊豆多賀温泉わかめまつり」の中止を決めた。…
  2. 2020-2-28

    熱海市、新型コロナウイルス対策本部を設置 静岡市で県内初感染者

    静岡市の男性が新型コロナウイルスに感染したのを受けて、熱海市は2月28日、市役所内に新型コロナウイ…
  3. 2020-2-28

    観客席500席 図書館とのセットは断念 熱海市が市民ホール計画案示す 

    熱海市は2月28日、市役所で市民ホール「(仮称)熱海フォーラム」整備事業の説明会を開き、計…
  4. 2020-2-28

    スノーフレークが開花 春を彩る小雪のような可憐な花

    熱海市の伊豆山の国道135号線小学校バス停で春早にスズランのような白い花を咲かせる「鈴蘭水…
ページ上部へ戻る