齋藤栄市長がブルネイ訪問、東京五輪「ホストタウン」調印へ最終調整

半年後の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、熱海市の齋藤栄市長は2月2日からブルネイ・ダルサラーム国(ブルネイ)を表敬訪問し、同国を相手国とした「ホストタウン」調印の最終調整を行う。経済産業省クールジャパン政策課から、熱海市にブルネイとのマッチングの提案があり、熱海市は昨年12月に同国に対し、受け入れの用意があることを文書で伝えた。今回は市長が同国を訪れ、文化・スポーツ省首脳らに熱海市のスポーツ施設や観光施策を説明し、協定締結へ向けたつめの調整を行う。

事前準備のため、同国事情に詳しい村山憲三市議と立見修司観光建設部次長が現地入りしており、合流する。合意に達すれば、ブルネイの五輪担当者が来日し、熱海で調印する予定。市長が不在となる4日まで、金井慎一郎副市長が市長職務を代理する。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-18

    大寒桜、大島桜、寒緋桜…あたみ桜に代わってが一斉に見頃

    東海地方で2月16日夜、春一番が吹いた影響で17日は暖かい南寄りの風で4月上旬の暖かさとな…
  2. 2020-2-18

    熱海市の2020年一般会計当初予算 前年比12億円減の186億円

    熱海市は2月17日、2020年度当初予算案を発表した。一般会計は大型インフラ整備が終了したとして、…
  3. 2020-2-17

    ブラタモリ・熱海編の古屋旅館のお宝、温シェルジェ&温泉観光士養成講座

    熱海市と日本温泉地域学会が主催する「温シェルジェ&温泉観光士養成講座」が2月14日〜16日の3日間…
  4. 2020-2-16

    露地栽培の熱海産カンキツ類、土産物に人気 「うみえ〜る長浜」直配所

    熱海市長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」では、毎週金曜日~月曜日まで地域の農家(約70人)が…
ページ上部へ戻る