齋藤栄市長がブルネイ訪問、東京五輪「ホストタウン」調印へ最終調整

半年後の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、熱海市の齋藤栄市長は2月2日からブルネイ・ダルサラーム国(ブルネイ)を表敬訪問し、同国を相手国とした「ホストタウン」調印の最終調整を行う。経済産業省クールジャパン政策課から、熱海市にブルネイとのマッチングの提案があり、熱海市は昨年12月に同国に対し、受け入れの用意があることを文書で伝えた。今回は市長が同国を訪れ、文化・スポーツ省首脳らに熱海市のスポーツ施設や観光施策を説明し、協定締結へ向けたつめの調整を行う。

事前準備のため、同国事情に詳しい村山憲三市議と立見修司観光建設部次長が現地入りしており、合流する。合意に達すれば、ブルネイの五輪担当者が来日し、熱海で調印する予定。市長が不在となる4日まで、金井慎一郎副市長が市長職務を代理する。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、休業協力金の対象から外れた事業者に熱海市が独自…
  2. 2020-7-8

    熱海の名所めぐる「湯~遊~バス」 7月10日から運行再開 

    小田急グループの伊豆東海バスは、熱海市内の名所旧跡を循環する「湯~遊~バス」の運行を7月10日から…
  3. 2020-7-8

    9月5日の秋の納涼海上花火大会も中止 熱海•伊豆山温泉

    熱海市の伊豆山温泉の観光関連3団体は新型コロナウイルス感染症防止のため、9月5日(土)に予定してい…
  4. 2020-7-7

    8月の熱海海上花火大会、各回とも生中継 日帰り客は自宅で観賞を

    熱海市は、新型コロナウイルス感染防止策として、8月5日から再開する夏季熱海海上花火大会(熱海湾)を…
ページ上部へ戻る