江原啓之さん、錦戸親方、年男年女ら200人が豆まき 来宮神社節分祭

「鬼は外、福は内」ー。熱海市の来宮神社(雨宮盛克宮司)で2月3日、恒例の節分祭が開かれ、年男、年女、特別ゲストら200人余りが特設大舞台に上がり、数度に分けて8000袋の豆まきを行った。
今年の特別ゲストは、スピリチュアリストの江原啓之さん、大相撲の錦戸親方(元関脇水戸泉) 、女優の二宮さよ子さん、漫画家の池田理代子さん、バイオリニストの佐藤陽子さん、俳優の黒田アーサーさん、歌手の高瀬一郎らが務め、金井慎一郎副市長、竹部隆市議会議長、藤曲敬宏県議らの来賓、祭典委員会役員、氏子、今年度の厄年奉賛会「令和樹神會(れいわこだまかい)」の会員たちと交代で豆をまき、この一年の無病息災、厄除け招福を願った。
責任当番町・浜町の住人が用意した豆が入った袋には、液晶テレビ、掃除機、ゲーム機、トースター、食事券、菓子詰めなどの当たり券や福銭が入っており、福をつかもうと2000人余りのが手を伸ばし、境内を埋め尽くした。

開運厄よけ祈願祭では、福井敏幸祭典委員長をはじめ、神社役員、今年度御鳳輦奉仕者「令和樹神會(れいわこだまかい)」会員、前年度御鳳輦奉仕者「来宮結葉桃一會(きのみやむすびばとういつかい)」会員、中島幹雄市観光協会会長など市の観光経済界首脳、市議らが参列した。
(熱海ネット新聞)

熱海市の来宮神社で2月3日、恒例の節分祭が開かれ、スピリチュアリストの江原啓之さん、大相撲の錦戸親方、年男年女ら200人が特設大舞台から豆をまき、この一年の無病息災、厄除け招福を願った。福をつかもうと2000人余りのが手を伸ばし、境内を埋め尽くした。
【記事を読む】http://atamii.jp/today/124035/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

渡辺耳鼻咽喉科
万葉の湯・万葉倶楽部
熱海温泉 ホテル・サンミ倶楽部
ニューウェルシティ湯河原
熱海温泉 昭和倶楽部
伊豆長岡温泉 ニュー八景園
箱根湯本温泉 天成園

ピックアップ記事

  1. 2020-4-7

    熱海市内の小中学校 6日に入学式実施も7日から19日まで再度休校 

    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、熱海市教育委員会は4月6日、管轄の市立小中学校で7日から19日…
  2. 2020-4-6

    新型コロナ 勝俣孝明衆院議員、熱海で影響調査 旅館などの雇用維持に全力

    自民党の勝俣孝明衆院議員(比例東海)は4月6日、新型コロナウイルスの感染拡大により、熱海市…
  3. 2020-4-5

    新型コロナで神事だけ、丹那神社例祭 トンネル工事犠牲者67人を慰霊

    丹那神社奉賛会(田島秀雄会長、川瀬康敬事務局長)は4月5日、熱海市福道町の同神社で令和2年…
  4. 2020-4-5

    姫の沢公園「ビジターセンター」がオープン 双眼鏡で熱海の山の魅力発信 

    熱海市の姫の沢公園に4月5日、双眼鏡をイメージした斬新なデザインの「ビジターセンター」がオ…
ページ上部へ戻る