江原啓之さん、錦戸親方、年男年女ら200人が豆まき 来宮神社節分祭

「鬼は外、福は内」ー。熱海市の来宮神社(雨宮盛克宮司)で2月3日、恒例の節分祭が開かれ、年男、年女、特別ゲストら200人余りが特設大舞台に上がり、数度に分けて8000袋の豆まきを行った。
今年の特別ゲストは、スピリチュアリストの江原啓之さん、大相撲の錦戸親方(元関脇水戸泉) 、女優の二宮さよ子さん、漫画家の池田理代子さん、バイオリニストの佐藤陽子さん、俳優の黒田アーサーさん、歌手の高瀬一郎らが務め、金井慎一郎副市長、竹部隆市議会議長、藤曲敬宏県議らの来賓、祭典委員会役員、氏子、今年度の厄年奉賛会「令和樹神會(れいわこだまかい)」の会員たちと交代で豆をまき、この一年の無病息災、厄除け招福を願った。
責任当番町・浜町の住人が用意した豆が入った袋には、液晶テレビ、掃除機、ゲーム機、トースター、食事券、菓子詰めなどの当たり券や福銭が入っており、福をつかもうと2000人余りのが手を伸ばし、境内を埋め尽くした。

開運厄よけ祈願祭では、福井敏幸祭典委員長をはじめ、神社役員、今年度御鳳輦奉仕者「令和樹神會(れいわこだまかい)」会員、前年度御鳳輦奉仕者「来宮結葉桃一會(きのみやむすびばとういつかい)」会員、中島幹雄市観光協会会長など市の観光経済界首脳、市議らが参列した。
(熱海ネット新聞)

熱海市の来宮神社で2月3日、恒例の節分祭が開かれ、スピリチュアリストの江原啓之さん、大相撲の錦戸親方、年男年女ら200人が特設大舞台から豆をまき、この一年の無病息災、厄除け招福を願った。福をつかもうと2000人余りのが手を伸ばし、境内を埋め尽くした。
【記事を読む】http://atamii.jp/today/124035/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-12

    熱海市で2人が新たに新型コロナ感染 成人男性と同居家族の高齢者女性

    静岡県は7月12日、熱海市に住む成人男性と、同居する高齢者女性の2人が新型コロナウイルスに感染した…
  2. 2020-7-11

    御神女の小川寧子さん、伝統の「神女神楽」を披露 来宮神社例大祭で奉納

    来宮神社例大祭で「神女神楽(みこかぐら)」を奉納する小川寧子(おがわ・ねね)さん(第一小1…
  3. 2020-7-10

    来宮神社例大祭 「浦安の舞」公開稽古 コロナ予防で歴代初のデュオ奉納

    熱海市の来宮神社(雨宮盛克宮司)例大祭(7月14-16日)で「浦安の舞」を奉納する舞姫2人が7月1…
  4. 2020-7-10

    東急不動産、熱海港観光のホテル建設計画取り下げ コロナで先行き見通せず

    東急不動産(東京都渋谷区)が熱海港観光施設(現海釣り施設駐車場)の市有地を借り受けて会員制ホテルを…
ページ上部へ戻る