立春、熱海梅園の梅「4・63分咲き」に 新型肺炎の余波、客足が減少 

暦の上では春の始まりとされる立春の2月4日、熱海市内は晴れ間がのぞき、網代で最高気温12・1度と3月上旬並みとなった。梅祭り開催中の熱海梅園では、園内に咲く梅59品種472本のうち、遅咲き種の一部を除いて421本が開花。全体で4・63分咲き、早咲き梅は6・46分咲きとなった。
見頃を迎えた園内では、多くの観光客が春の足音を感じ取っていたが、それでも中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎が影響してか、複数の関係者から「例年より客足が減った」という声が聞かれた。中国人が日本への旅行を取りやめた影響は熱海にも出ている。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
写真=2月4日撮影
■開花状況= 2/3現在
全体(59品種・全472本)421本開花 →4.63分咲き
・早咲き(全271本)262本開花 →6.46分咲き
・中咲き(全104本)97本開花 →3.67分咲き
・遅咲き(全97本)62本開花 →0.57分咲き

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-18

    大寒桜、大島桜、寒緋桜…あたみ桜に代わってが一斉に見頃

    東海地方で2月16日夜、春一番が吹いた影響で17日は暖かい南寄りの風で4月上旬の暖かさとな…
  2. 2020-2-18

    熱海市の2020年一般会計当初予算 前年比12億円減の186億円

    熱海市は2月17日、2020年度当初予算案を発表した。一般会計は大型インフラ整備が終了したとして、…
  3. 2020-2-17

    ブラタモリ・熱海編の古屋旅館のお宝、温シェルジェ&温泉観光士養成講座

    熱海市と日本温泉地域学会が主催する「温シェルジェ&温泉観光士養成講座」が2月14日〜16日の3日間…
  4. 2020-2-16

    露地栽培の熱海産カンキツ類、土産物に人気 「うみえ〜る長浜」直配所

    熱海市長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」では、毎週金曜日~月曜日まで地域の農家(約70人)が…
ページ上部へ戻る