文豪坪内逍遥が愛した窓辺の春景色 双柿舎のあたみ桜が見ごろ

明治の文豪「坪内逍遙」の熱海の住居「双柿舎(そうししゃ)」で2月9日、あたみ桜が見頃を迎え、首都圏などから多くの人が訪れた。この庭には樹齢300余年と言われる柿の大樹が2本あったことから、逍遥の友人・会津八一が「双柿舎」と名付けた。
あたみ桜や紅白の梅も植栽されており、縁側の格子窓の間から見る春景色は、柿が実る秋に負けないくらい趣がある。開館は毎週日曜日で一番綺麗な時期を迎えている。
逍遥は学生時代から何度も熱海を訪れ、明治45年(1912年)に熱海市の糸川沿いにあった荒宿町(現銀座町)に別荘を構え、その後、大正9年(1920年)から今も残る市内水口町の双姉舎(逍遥の私邸)で過ごし、昭和10年(1935年)に77歳で没した。この間、シェークスピアの翻訳や「真冬を知らざる常春あたみ」で始まる熱海町歌(現熱海町市歌)を作詞、熱海町立図書館の創設に尽力して自らの3000冊の本を寄贈するなどなど、市の文化振興に大きな功績を残した。


邸内には、塔の形の書庫や筆塚があり、また、会津八一の筆による門の扁額なども見ることができる。
毎年、命日の2月28日に近親者や市、熱海稲門会の有志が起雲閣で追悼行事(逍遥忌)を開き、逍遥が眠る双柿舎近くの海蔵寺で法要を営む。
(熱海ネット新聞)
住所/熱海市水口町11-17
開館/毎週日曜日 10:00~16:00
料金/無料
問合せ 双柿舎0557-81-2232(日曜日のみ)、熱海市教育委員会生涯学習課 文化施設室(施設)0557-86-6232

明治の文豪「坪内逍遙」の熱海の住居「双柿舎(そうししゃ)」で、あたみ桜が見頃を迎えた。由来となる2本の柿の大樹が有名だが、あたみ桜や紅白の梅も植栽されており、縁側の窓の間から見る春景色も趣がある。開館は毎週日曜日、市が無料で開放している。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-18

    大寒桜、大島桜、寒緋桜…あたみ桜に代わってが一斉に見頃

    東海地方で2月16日夜、春一番が吹いた影響で17日は暖かい南寄りの風で4月上旬の暖かさとな…
  2. 2020-2-18

    熱海市の2020年一般会計当初予算 前年比12億円減の186億円

    熱海市は2月17日、2020年度当初予算案を発表した。一般会計は大型インフラ整備が終了したとして、…
  3. 2020-2-17

    ブラタモリ・熱海編の古屋旅館のお宝、温シェルジェ&温泉観光士養成講座

    熱海市と日本温泉地域学会が主催する「温シェルジェ&温泉観光士養成講座」が2月14日〜16日の3日間…
  4. 2020-2-16

    露地栽培の熱海産カンキツ類、土産物に人気 「うみえ〜る長浜」直配所

    熱海市長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」では、毎週金曜日~月曜日まで地域の農家(約70人)が…
ページ上部へ戻る