文豪坪内逍遥が愛した窓辺の春景色 双柿舎のあたみ桜が見ごろ

明治の文豪「坪内逍遙」の熱海の住居「双柿舎(そうししゃ)」で2月9日、あたみ桜が見頃を迎え、首都圏などから多くの人が訪れた。この庭には樹齢300余年と言われる柿の大樹が2本あったことから、逍遥の友人・会津八一が「双柿舎」と名付けた。
あたみ桜や紅白の梅も植栽されており、縁側の格子窓の間から見る春景色は、柿が実る秋に負けないくらい趣がある。開館は毎週日曜日で一番綺麗な時期を迎えている。
逍遥は学生時代から何度も熱海を訪れ、明治45年(1912年)に熱海市の糸川沿いにあった荒宿町(現銀座町)に別荘を構え、その後、大正9年(1920年)から今も残る市内水口町の双姉舎(逍遥の私邸)で過ごし、昭和10年(1935年)に77歳で没した。この間、シェークスピアの翻訳や「真冬を知らざる常春あたみ」で始まる熱海町歌(現熱海町市歌)を作詞、熱海町立図書館の創設に尽力して自らの3000冊の本を寄贈するなどなど、市の文化振興に大きな功績を残した。


邸内には、塔の形の書庫や筆塚があり、また、会津八一の筆による門の扁額なども見ることができる。
毎年、命日の2月28日に近親者や市、熱海稲門会の有志が起雲閣で追悼行事(逍遥忌)を開き、逍遥が眠る双柿舎近くの海蔵寺で法要を営む。
(熱海ネット新聞)
住所/熱海市水口町11-17
開館/毎週日曜日 10:00~16:00
料金/無料
問合せ 双柿舎0557-81-2232(日曜日のみ)、熱海市教育委員会生涯学習課 文化施設室(施設)0557-86-6232

明治の文豪「坪内逍遙」の熱海の住居「双柿舎(そうししゃ)」で、あたみ桜が見頃を迎えた。由来となる2本の柿の大樹が有名だが、あたみ桜や紅白の梅も植栽されており、縁側の窓の間から見る春景色も趣がある。開館は毎週日曜日、市が無料で開放している。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-4-9

    熱海の良質な上水道に感謝、安定供給願う 明水神社例大祭 熱海管工事工業協同組合

    熱海管工事工業協同組合は4月9日、市内西山町の「明水神社」で春季例大祭を斎行した。来宮神社…
  2. 2020-4-9

    熱海芸妓、熱海市にマスク寄贈 子どもたちに手作り200枚 コロナ感染予防

    子どもたちの新型コロナウイルスへの感染予防に役立ててほしいと、熱海芸妓置屋連合組合は4月8…
  3. 2020-4-9

    新型コロナ 熱海商議所、12日と19日に「事前予約制」で特別相談窓口 

    新型コロナウイルスの感染拡大で深刻な影響が出ている熱海市内の事業所を支援するため、熱海商工会議所は…
  4. 2020-4-9

    5月18日の熱海海上花火大会も中止 今季開幕から3大会連続

    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、熱海市ホテル旅館協同組合連合会は4月8日、5月9日(日)に実施…
ページ上部へ戻る