「梅まつり」へようこそ! 梅園を美守る会、JR来宮駅に案内所を特設

熱海梅園の梅が5・58分咲きを迎え、玄関口となるJR来宮駅で観光客らをアテンドするボランティア団体「梅園を美守る会」(会員20人)は大忙しだ。
今年も「梅まつり」に合わせて来宮駅構内に案内所を特設。増加する外国人観光客に備え、語学堪能な会員を複数配置し、梅園までの道案内や市内の名所・旧跡などを紹介している。
同会は11年前に「梅園を美守る会」として発足し、現在は、熱海サンビーチ前に広がる「ジャカランダ遊歩道」の美化にも取り組み、活動の場を拡大。国際観光都市熱海を下支えている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-23

    紅葉色づく庭園 秋の一般公開始まる 熱海・植物研究園、29日まで

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の新技術開発財団・植物研究園で11月23日、「秋の一般公開」が始ま…
  2. 2020-11-22

    地平線に沈む夕陽に歓声、「トワイライト運行」 熱海・十国峠ケーブルカー

    秋の3連休に合わせ、熱海市と函南町に位置する十国峠ケーブルカー(伊豆箱根鉄道)で11月21…
  3. 2020-11-22

    「我慢の3連休」 紅葉色づく熱海梅園、第3波よそに観光客続々

    深まる秋、日本一遅い紅葉の名所・熱海梅園でも紅葉の色づきが進んでいる。新型コロナウイルスの…
  4. 2020-11-21

    前日発表の熱海市の陽性患者と一緒に勤務と食事、伊東市でコロナ感染者

    静岡県は11月21日、伊東市の高齢でない成人(県1118例目)が新型コロナウイルスに感染したと発表…
ページ上部へ戻る