満開の梅、「熱海七湯」小沢の湯を彩る 湯煙の蒸気が温泉情緒

観光名所「熱海七湯」の一つ、熱海市銀座町の「小沢(こさわ)の湯」で湯煙の蒸気が上がる中、梅の花を咲かせ、観光客の目を楽しませている。
同湯は、昔の小沢町、熱海温泉通りにあった明治・大正期の沢口弥左衛門、藤井文次郎、米倉三左衛門の庭の湯。「平左衛門の湯」の名を持つが、地元の人には「小沢の湯」の名で親しまれている。
自噴の名湯として評判だった「熱海七湯」は、大正年代まで残っていたが、現在はどこも入浴施設はない。市は1997年(平成9年)、市制60周年事業の一環として、立ち寄りスポットに再整備。湯けむりを立ち上がらせ、当時の情緒豊かな熱海温泉を再現させた。
小沢の湯では、この吹き出す蒸気で温泉卵を作って食べることができる。木ぶたをどかすと、蒸気の吹き出し口に金網のざるが常設してあり、そこに入れるだけ。半熟なら7〜8分、固ゆでは10~15分ほどで味わえる。卵は持ち込めるが、小沢の湯の道を挟んだ斜め向かいの「天神酒店」でも購入できる。
(熱海ネット新聞)
■熱海七湯 河原湯、佐治郎の湯(目の湯)、清左衛門の湯、風呂の湯と水の湯、大湯、小沢の湯、野中の湯。熱海温泉の歴史において重要とされる源泉。お宮の松に近い熱海銀座近辺に散在している。

熱海七湯https://www.city.atami.lg.jp/kanko/onsen/1001823.html

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  2. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
  3. 2020-11-26

    コロナ対策の「緩み」を警戒 熱海飲食3団体、カラオケ感染防止を強化

    11月に入り、全国でカラオケや接待を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が多発…
  4. 2020-11-26

    死んだ父親の特別定額給付金10万円を不正搾取 熱海市が被害届

    熱海署は11月25日、死亡した父親の特別給付金を不正受給したとして詐欺の疑いで住所不定の兄(49)…
ページ上部へ戻る