満開の梅、「熱海七湯」小沢の湯を彩る 湯煙の蒸気が温泉情緒

観光名所「熱海七湯」の一つ、熱海市銀座町の「小沢(こさわ)の湯」で湯煙の蒸気が上がる中、梅の花を咲かせ、観光客の目を楽しませている。
同湯は、昔の小沢町、熱海温泉通りにあった明治・大正期の沢口弥左衛門、藤井文次郎、米倉三左衛門の庭の湯。「平左衛門の湯」の名を持つが、地元の人には「小沢の湯」の名で親しまれている。
自噴の名湯として評判だった「熱海七湯」は、大正年代まで残っていたが、現在はどこも入浴施設はない。市は1997年(平成9年)、市制60周年事業の一環として、立ち寄りスポットに再整備。湯けむりを立ち上がらせ、当時の情緒豊かな熱海温泉を再現させた。
小沢の湯では、この吹き出す蒸気で温泉卵を作って食べることができる。木ぶたをどかすと、蒸気の吹き出し口に金網のざるが常設してあり、そこに入れるだけ。半熟なら7〜8分、固ゆでは10~15分ほどで味わえる。卵は持ち込めるが、小沢の湯の道を挟んだ斜め向かいの「天神酒店」でも購入できる。
(熱海ネット新聞)
■熱海七湯 河原湯、佐治郎の湯(目の湯)、清左衛門の湯、風呂の湯と水の湯、大湯、小沢の湯、野中の湯。熱海温泉の歴史において重要とされる源泉。お宮の松に近い熱海銀座近辺に散在している。

熱海七湯https://www.city.atami.lg.jp/kanko/onsen/1001823.html

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-19

    秋の訪れ 真っ赤なヒガンバナ、今年も彼岸の入りに見頃 熱海梅園

    9月19日は秋の彼岸入り。「暑さ寒さも彼岸まで」といわれ、夏の暑さが和らぐころとされる。熱…
  2. 2020-9-18

    菅内閣、国土交通副大臣に岩井茂樹氏 内閣府副大臣と復興副大臣を兼務

    政府は9月18日の閣議で、菅内閣発足に伴う副大臣と政務官の人事を決めた。副大臣人事では、国土交通副…
  3. 2020-9-18

    熱海市民向け宿泊プラン 神奈川・静岡県民も対象に 宿泊5千円補助

    川口健市議 熱海市は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急経済対策として独自に実施していた…
  4. 2020-9-18

    熱海市のコロナ感染者比率県内トップ 人口10万人に置き換えと106人

    杉山利勝市議 熱海市議会9月定例会の一般質問が9月17日始まり、各議員から新型コロナウイルス…
ページ上部へ戻る