満開の梅、「熱海七湯」小沢の湯を彩る 湯煙の蒸気が温泉情緒

観光名所「熱海七湯」の一つ、熱海市銀座町の「小沢(こさわ)の湯」で湯煙の蒸気が上がる中、梅の花を咲かせ、観光客の目を楽しませている。
同湯は、昔の小沢町、熱海温泉通りにあった明治・大正期の沢口弥左衛門、藤井文次郎、米倉三左衛門の庭の湯。「平左衛門の湯」の名を持つが、地元の人には「小沢の湯」の名で親しまれている。
自噴の名湯として評判だった「熱海七湯」は、大正年代まで残っていたが、現在はどこも入浴施設はない。市は1997年(平成9年)、市制60周年事業の一環として、立ち寄りスポットに再整備。湯けむりを立ち上がらせ、当時の情緒豊かな熱海温泉を再現させた。
小沢の湯では、この吹き出す蒸気で温泉卵を作って食べることができる。木ぶたをどかすと、蒸気の吹き出し口に金網のざるが常設してあり、そこに入れるだけ。半熟なら7〜8分、固ゆでは10~15分ほどで味わえる。卵は持ち込めるが、小沢の湯の道を挟んだ斜め向かいの「天神酒店」でも購入できる。
(熱海ネット新聞)
■熱海七湯 河原湯、佐治郎の湯(目の湯)、清左衛門の湯、風呂の湯と水の湯、大湯、小沢の湯、野中の湯。熱海温泉の歴史において重要とされる源泉。お宮の松に近い熱海銀座近辺に散在している。

熱海七湯https://www.city.atami.lg.jp/kanko/onsen/1001823.html

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-18

    大寒桜、大島桜、寒緋桜…あたみ桜に代わってが一斉に見頃

    東海地方で2月16日夜、春一番が吹いた影響で17日は暖かい南寄りの風で4月上旬の暖かさとな…
  2. 2020-2-18

    熱海市の2020年一般会計当初予算 前年比12億円減の186億円

    熱海市は2月17日、2020年度当初予算案を発表した。一般会計は大型インフラ整備が終了したとして、…
  3. 2020-2-17

    ブラタモリ・熱海編の古屋旅館のお宝、温シェルジェ&温泉観光士養成講座

    熱海市と日本温泉地域学会が主催する「温シェルジェ&温泉観光士養成講座」が2月14日〜16日の3日間…
  4. 2020-2-16

    露地栽培の熱海産カンキツ類、土産物に人気 「うみえ〜る長浜」直配所

    熱海市長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」では、毎週金曜日~月曜日まで地域の農家(約70人)が…
ページ上部へ戻る