今年最高、5月中旬並みの21・8度 熱海梅園の梅6・35分咲き

2月13日の熱海市内は高気圧に覆われて気温が上がり、網代観測所で今年最高の21・8度を記録。平年より10・8度高く、5月中旬並みの暖かさとなった。熱海梅園では、園全体で6・35分咲きとなり、訪れた人たちは、春の陽光を浴びながら、春の訪れを体感していた。
一方、あたみ桜はいっせいに見頃過ぎから終了に入った。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-24

    熱海銀座の飲食店で20代5人が食中毒 9月7日利用者、サルモネラ菌検出

    静岡県は9月24日、熱海市銀座町の「熱海銀座おさかな食堂」(夜は、おさかな酒場)を9月7日に利用し…
  2. 2020-9-24

    【お悔やみ】太田信雄さん(熱海市伊豆山)9月21日死去

    太田信雄さん(おおた・のぶお)9月21日死去、74歳。熱海市伊豆山。出棺26日午前11時、般若院。…
  3. 2020-9-24

    【お悔やみ】加藤忠男さん(熱海市下多賀)9月21日死去

    加藤忠男さん(かとう・ただお)9月21日死去、94歳。熱海市下多賀。出棺25日午後2時、JAホール…
  4. 2020-9-23

    秋の夜空に3千発 4連休最終日、熱海秋季海上花火大会 ホテルは満室

    秋の4連休最終日の9月22日、熱海湾で熱海海上花火大会の秋季シリーズが開幕した。台風12号…
ページ上部へ戻る