啓蟄 新管理棟を背に大島桜が満開 熱海・姫の沢公園

二十四節気の一つで、土から冬ごもりの虫がはいだしてくるとされる「啓蟄(けいちつ)」の3月5日、熱海市の姫の沢公園で、市が1億4800万円かけて新築し、完成間近の管理棟を背に大島桜が満開を迎えた。
新管理棟は、木組みの巨大エアシェルターのようなユニークな設計で、池の広場の池を埋め立てて造成して建設した。窓口業務のほか、貸し出しのホールも備える。年度内に完成し、今年4月から供用を開始する。新たなランドマークとして期待されている。
標高標高450mから700mにある同公園に植えられている大島桜は、市内沿岸部より2週間ほど遅く咲く。白い大島桜は目に鮮やかなだけでなく、花と葉に香りがあることが特徴。桜餅に使われる葉の大半が大島桜。餅桜とも呼ばれている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、休業協力金の対象から外れた事業者に熱海市が独自…
  2. 2020-7-8

    熱海の名所めぐる「湯~遊~バス」 7月10日から運行再開 

    小田急グループの伊豆東海バスは、熱海市内の名所旧跡を循環する「湯~遊~バス」の運行を7月10日から…
  3. 2020-7-8

    9月5日の秋の納涼海上花火大会も中止 熱海•伊豆山温泉

    熱海市の伊豆山温泉の観光関連3団体は新型コロナウイルス感染症防止のため、9月5日(土)に予定してい…
  4. 2020-7-7

    8月の熱海海上花火大会、各回とも生中継 日帰り客は自宅で観賞を

    熱海市は、新型コロナウイルス感染防止策として、8月5日から再開する夏季熱海海上花火大会(熱海湾)を…
ページ上部へ戻る