春爛漫の陽気 熱海は19・8度 4月下旬並みの暖かさ 大寒桜が全開

低気圧が運び込んだ暖かな空気が流れ込み、3月9日の熱海市は気温が19・8度まで上昇。4月下旬並みの暖かさとなり、春爛漫の陽気となった。青空が広がる渚親水公園の市営駐車場では、19本のピンクの大寒桜(オオカンザクラ)が全開となり、より映える満開となった。
春の陽光に誘われて訪れた多くの観光客が、スマホで一足早い「春景色」をSNSなどで発信していた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-10-26

    熱海梅園で「梅」開花 今季も日本最速 一番咲きは白の冬至梅

    日本一早咲きの梅の名所で知られる熱海梅園で10月25日、今シーズン最初の花を咲かせた。韓国庭園横の冬…
  2. 2021-10-26

    【お悔やみ】小山久子さん(熱海市下多賀)10月25日死去

    山久子さん(こやま・ひさこ)10月25日死去、91歳。熱海市下多賀1431の13。通夜27日午後6時…
  3. 2021-10-26

    【お悔やみ】星川洋章さん(熱海市小嵐町)10月22日死去

    星川洋章さん(ほしかわ・ひろあき)10月12日死去、84歳。熱海市小嵐町13の33。告別式26日午後…
  4. 2021-10-25

    公明党の石井啓一幹事長、自民党と合同で熱海駅で街頭演説

    公明党の石井啓一幹事長は10月25日、同党の衆院選比例東海ブロックと静岡6区に立候補した自民党の前職…
ページ上部へ戻る