来宮神社で「新型コロナ」沈静化祈願祭 雨宮宮司、悪疫退散の神事粛々

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、熱海市の来宮神社で3月15日、「新型コロナウイルス感染流行沈静祈願祭」が斎行された。雨宮盛克宮司が悪疫退散の祝詞を奏上したあと、みこが神楽を奉納し、事態の終息を祈願した。
雨宮宮司は「熱海は湯治(ゆち)のまち、病を治すところ。当社には樹齢2000年の大変生命力の強いご神木『大楠』がある。このご神木にあやかって新型コロナウイルスに感染した方々の一日も早い回復と流行が沈静化し、人々が平安な生活を送れるようお祈りさせていただいた」と話した。
密集した状況を作らない目的から異例の参列者不在の形で行われた、神官が粛々と神事を執り行った。熱海市でも感染拡大に伴う全国的な外出自粛ムードで、宿泊や宴会のキャンセルが相次ぐなど、観光飲食業に影響が出ている。同神社では、終息するまで定期的に祈願祭を続ける。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-21

    4連休、若い世代の観光客どっと 熱海市、コロナ禍以前のにぎわい戻る

    4連休さなかの9月21日、熱海市内には首都圏などから若い世代の大勢の観光客が訪れ、コロナ禍…
  2. 2020-9-21

    40代の兄弟逮捕 熱海市和田町の住宅に死体遺棄容疑

    熱海市和田町の住宅に身元不明の男性の遺体を遺棄したとして、熱海署は9月20日、三島市の40代の兄弟…
  3. 2020-9-20

    満天の星空の下で映画鑑賞会 姫の沢公園・スポーツ広場で初開催 

    星空の下で映画を楽しむ野外上映会が9月19日夜、熱海市の姫の沢公園・スポーツ広場で開かれ、…
  4. 2020-9-20

    【お悔やみ】工藤尚志さん(熱海市網代)9月18日死去

    工藤尚志さん(くどう・なおし)9月18日死去、92歳。熱海市網代。通夜20日午後6時。葬儀21日午…
ページ上部へ戻る