熱海市の女性人口、男性より2割多い1万9984人 2万人割れは初めて

熱海市は、1月末現在の地区、月別人口及び世帯数を公表した。総人口は3万6552人(男性1万6568人、女性1万9984人)で前月比で55人減少した。出生と死亡の自然動態でみると、8人が出生し、79人が死去。転入が163人、転出が147人。世帯数は27減った。
女性の人口が2万人割ったのは初めて。それでも男性に対する女性の比率20・1%多く、全国でもトップクラス。雑誌「フラッシュ」誌が2015年の国勢調査の結果をもとに、全国の市区町村ごとの男女の人口比を算出したところ、熱海市は京都市東山区、福岡市中央区に次いで3番目に多かった。
(熱海ネット新聞)

【女性の比率が高い街ベスト10】男性人口に対する女性の割合
・1位:京都府・京都市東山区(人口3万9044人)/133.9%
・2位:福岡県・福岡市中央区(人口19万2688人)/124.5%
・3位:静岡県・熱海市(人口3万7544人)/121.8%
・4位:北海道・小樽市(人口12万1924人)/121.7%
・5位:兵庫県・芦屋市(人口9万5350人)/121.3%
・6位:鹿児島県・枕崎市(人口2万2046人)/121.2%
・7位:青森県・鰺ヶ沢町(人口1万126人)/121.1%
・8位:北海道・赤平市(人口1万1105人)/121.0%
・9位:北海道・函館市(人口26万5979人)/121.0%
・10位:青森県・五所川原市(人口5万5181人)/120.9%
(2015年の国勢調査で「フラッシュ」誌が集計)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
  2. 2021-4-17

    「初島ところ天祭り」2年連続で中止 首都圏のコロナ感染再拡大で

    熱海市の初島区事業共同組合は、第46回「初島ところ天祭り」の中止を決めた。同組合は例年5月…
  3. 2021-4-16

    色鮮やかなツツジ、今年も晩春パノラマ MOA美術館「水晶殿」

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
  4. 2021-4-16

    ツツジ、姫の沢公園の山肌赤く染める 例年より2週間早く見ごろに

    熱海市の姫の沢公園で約6万株の赤やピンクのツツジが見ごろを迎えた。例年より2週間ほど早い。…
ページ上部へ戻る