東京五輪も様々な経済交流 熱海市、ブルネイと「ホストタウン」合意

新型コロナウイルスの感染拡大で調印が遅れていた熱海市とブルネイ・ダルサラーム国(ブルネイ)の東京オリンピック・パラリンピック「事後交流型ホストタウン」契約が合意に達し、3月中に国(内閣官房)へ申請することが分かった。
「事後交流型」は、東京五輪・パラリンピック期間中の応援・交流にとどまらず、オリパラ後も様々な交流をブルネイ国と続けるもので、昨年10月に経済産業省クールジャパン政策課からマッチング提案があり、齋藤栄市長が2月2日から4日間、ブルネイを表敬訪問。同国の文化・スポーツ省首脳らと面談し、熱海市の観光名所や観光施策を説明し、協定締結の準備を進めていた。


当初の予定では、同国幹部が3月に熱海市を訪問して細部を詰める運びとなっていたが、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で来日を自粛。進展が危惧されていた。しかし、市議会2月定例会で後藤雄一氏が「ホストタウンの進捗状況」を質し、立見修司観光建設部次長が「新型コロナウイルスの影響で遅れていたが、交渉は順調に進んでいる。五輪後も経済、観光、スポーツ、文化、教育で相互交流する合意ができている。3月中に申請手続きをとる」と答えた。

ブルネイ国は大富豪といわれる王族が暮らす世界屈指の豊かな国として知られ、「熱海ーブルネイ」の相互誘客、熱海への投資が期待される。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
  2. 2021-4-17

    「初島ところ天祭り」2年連続で中止 首都圏のコロナ感染再拡大で

    熱海市の初島区事業共同組合は、第46回「初島ところ天祭り」の中止を決めた。同組合は例年5月…
  3. 2021-4-16

    色鮮やかなツツジ、今年も晩春パノラマ MOA美術館「水晶殿」

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
  4. 2021-4-16

    ツツジ、姫の沢公園の山肌赤く染める 例年より2週間早く見ごろに

    熱海市の姫の沢公園で約6万株の赤やピンクのツツジが見ごろを迎えた。例年より2週間ほど早い。…
ページ上部へ戻る