新型コロナで御鳳輦の神輿渡御など中止 伊豆山神社例大祭、神事だけ実施

熱海市の伊豆山神社例大祭(4月14日〜16日)が、今年は神事だけを行い、付帯行事を中止することが3月17日、熱海ネット新聞の取材で分かった。例大祭では、毎年15日に呼び物の神幸行列があり、浜、岸谷、仲道の3町の神輿と厄年奉賛会が担ぐ御鳳輦(ごほうれん)神輿が石段837段を粛々と下り、氏子町内を渡御する。しかし、今年は新型コロナウイルスの感染拡大に伴う政府の不要不急の外出自粛要請を受け、中止を決めた。
同神社の例大祭で付帯行事を中止するのは、東日本大震災が発生した2011年以来9年ぶり。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
  2. 2020-6-3

    熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

    熱海市街でブーゲンビリアが満開を迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が初夏の街並みを彩っている。…
  3. 2020-6-3

    熱海市の高齢化率(65歳以上人口)47・8%、静岡県の市で抜けてトップ

    静岡県は、2020年4月1日現在の総人口に対する65歳以上(高齢化率)と75歳以上(後期高齢率)を…
  4. 2020-6-2

    アベノマスク、熱海市でも配布始まる 2万1588世帯3万6417人へ

    新型コロナウイルス感染拡大防止のため、政府が全戸に届ける布マスクの配達が熱海市でも始まった。2枚1…
ページ上部へ戻る