春を告げるハクモクレンとシモクレン、姫の沢公園で可憐

昼と夜の長さがほぼ同じとなる「春分の日」の3月20日。日本の都市公園100選指定公園に選ばれている熱海市の姫の沢公園で、春に乳白色の豊麗な花を咲かせるハクモクレン、シモクレン(紫木蓮)が可憐な花を咲かせ、行楽客らを楽しませている。
夏はカエルのような緑の実をつけ、秋にはそれが赤くなり、色で季節が分かる自然の温度計。同公園は標高450mから700mのところにあり、市街より遅れて春がやってくるが、ここ数日の暖かさで一気に開花が進み、見ごろを迎えた。4月中旬まで楽しめる。
春にスズランのような白い花を咲かせる「鈴蘭水仙(スノーフレーク)」も競うように咲き、本格的な春の訪れを告げている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-17

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 10歳代女性と未成年者

    静岡県は1月17日、熱海市に住む10歳代女性と未成年者(性別は公表を望まず)の新型コロナウイルス感…
  2. 2021-1-17

    熱海梅園に閑古鳥 緊急事態宣言追加で観光客も車も姿消す 例年の1割以下

    東京、神奈川、埼玉、千葉に発令されていた緊急事態宣言の対象地域が11の都府県に拡大されて初…
  3. 2021-1-17

    【お悔やみ】野田秀作さん(熱海市和田町)1月16日死去 56歳

    野田秀作さん(のだ・しゅうさく)1月16日死去、56歳。熱海市和田町19の24。熱海市体育協会水泳…
  4. 2021-1-16

    楽天トラベル温泉宿泊客、熱海が全国1位 10〜20代の1人旅42%増

    旅行予約サービス「楽天トラベル」は1月15日、「2020年 人気温泉地ランキング」を発表した。年間…
ページ上部へ戻る