春を告げるハクモクレンとシモクレン、姫の沢公園で可憐

昼と夜の長さがほぼ同じとなる「春分の日」の3月20日。日本の都市公園100選指定公園に選ばれている熱海市の姫の沢公園で、春に乳白色の豊麗な花を咲かせるハクモクレン、シモクレン(紫木蓮)が可憐な花を咲かせ、行楽客らを楽しませている。
夏はカエルのような緑の実をつけ、秋にはそれが赤くなり、色で季節が分かる自然の温度計。同公園は標高450mから700mのところにあり、市街より遅れて春がやってくるが、ここ数日の暖かさで一気に開花が進み、見ごろを迎えた。4月中旬まで楽しめる。
春にスズランのような白い花を咲かせる「鈴蘭水仙(スノーフレーク)」も競うように咲き、本格的な春の訪れを告げている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-6

    4カ月遅れて熱海海上花火大会 生観覧は1万2千人  ライブ配信が奏功

    新型コロナウイルスの影響で4月から中止が続いた熱海海上花火大会が8月5日夜、熱海湾であり、…
  2. 2020-8-5

    熱海市でさらに2人コロナ感染 1人は県外通勤者 クラスターとは無関係

    静岡県は8月5日、熱海市内で新たに2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。ともにクラスターが…
  3. 2020-8-5

    熱海市、接客業従業員のPCR検査8割助成 店名公表は協力金10万円支給

    新型コロナウイルスの感染拡大が収まらない中、熱海市は8月5日、飲食店や宿泊施設、タクシーなど接客に…
  4. 2020-8-5

    【お悔やみ】山田チエさん(熱海市西熱海町)8月3日死去

    山田チエさん(やまだ・チエ)8月3日死去、98歳。熱海市西熱海町。出棺7日午前11時、熱海葬祭中央…
ページ上部へ戻る