姫の沢公園、ビジターセンター新築工事が完了 4月5日から供用開始

熱海市は3月25日、姫の沢公園の管理事務所の新築工事が完了し、新たに「ビジターセンター」として4月5日から供用を開始すると発表した。木造2階建て、延べ床面積396.35㎡の同センターは、市が事業費1億4600万円を投じて池の広場跡地に建設。指定管理者「姫の沢公園パートナーズ」が設計した。
1階は管理事務所のほか、授乳室やオムツ替え室を完備し、吹き抜けのホールには子供たちが遊べるネット遊具(無料)を備える。
2階はスクール形式25人収容可能(約51.76㎡)の貸出施設「多目的会議室」(プロジェクター完備)。「多目的会議室」は周知などの準備期間を設け、7月1日から供用を開始する。

オープニング記念式典(姫の沢公園パートナーズ主催)は4月5日午前11時から行い、齋藤栄市長、竹部隆市議会議長、指定管理者の代表がテープカット。新型コロナウイルスの感染拡大に配慮し、関係者だけで実施する。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-12-1

    熱海市消防職員を暴行の疑いで逮捕 交通トラブルで車のドア蹴る

    熱海署は11月30日、暴行の疑いで熱海市消防署の職員(48)を逮捕した。27日午後11時ごろ、市内…
  2. 2020-11-30

    熱海芸妓に公式マスコットキャラクター誕生! 愛称募集!

    熱海芸妓(げいぎ)の公式キャラクターデザインが誕生した。若い人たちや女性にも芸妓文化に親しみを持っ…
  3. 2020-11-28

    熱海市の高齢でない男性がコロナ感染 伊東市のクラスター飛び火を警戒 

    静岡県は11月28日、熱海市に住む高齢でない成人男性(20~64歳)の新型コロナウイルス感染を確認…
  4. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

    熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大…
ページ上部へ戻る