姫の沢公園、ビジターセンター新築工事が完了 4月5日から供用開始

熱海市は3月25日、姫の沢公園の管理事務所の新築工事が完了し、新たに「ビジターセンター」として4月5日から供用を開始すると発表した。木造2階建て、延べ床面積396.35㎡の同センターは、市が事業費1億4600万円を投じて池の広場跡地に建設。指定管理者「姫の沢公園パートナーズ」が設計した。
1階は管理事務所のほか、授乳室やオムツ替え室を完備し、吹き抜けのホールには子供たちが遊べるネット遊具(無料)を備える。
2階はスクール形式25人収容可能(約51.76㎡)の貸出施設「多目的会議室」(プロジェクター完備)。「多目的会議室」は周知などの準備期間を設け、7月1日から供用を開始する。

オープニング記念式典(姫の沢公園パートナーズ主催)は4月5日午前11時から行い、齋藤栄市長、竹部隆市議会議長、指定管理者の代表がテープカット。新型コロナウイルスの感染拡大に配慮し、関係者だけで実施する。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  2. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
  3. 2020-6-3

    熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

    熱海市ではブーゲンビリアが満開を迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が初夏の街並みを南国ムードに…
  4. 2020-6-3

    熱海市の高齢化率(65歳以上人口)47・8%、静岡県の市で抜けてトップ

    静岡県は、2020年4月1日現在の総人口に対する65歳以上(高齢化率)と75歳以上(後期高齢率)を…
ページ上部へ戻る