熱海・中野かじかわ公園で桜まつり開幕 細心のコロナ感染防御で実施

新型コロナウイルスの影響で、全国の花見イベントが自粛になる中、熱海市下多賀の梶川上流にある「中野かじかわ公園」で4月4日、「しだれ桜まつり」(実行委員会主催)が始まった。スタッフはマスクを着用し、人が密着している場合は、距離を空けるように声をかけるなど、感染予防に努めている。
園内には、多賀湾と網代湾を見下ろす高台に74本のしだれ桜が植えられ、現在6分咲き。閉幕する12日の間に満開を迎える。ソメイヨシノは満開だ。
近年、「伊豆下多賀の山奥に、しだれ桜がすごくきれいな所がある」とネットで評判になり、「隠れた花見スポット」として人気が上昇。多賀観光協会にも問い合わせが多く、同協会と中野町内会、昭和50年代からしだれ桜を植栽、整備してきた同地区のボランティア団体「カレン会」が昨年、実行委員会を立ち上げ、「しだれ桜まつり」として初開催。今年が2回目。海を見下ろす高台にあり、風の抜けも良いことから、安全性が保てると判断した。

期間中の土日(4日、5日、11日、12日)は長浜海浜公園から無料マイクロバスを運行。入口でコーヒーやジュースを販売するほか、仮設トイレも設置している。
渓流には黄色の菜の花やヤマブキ、白いシャガが植えられ、ピンクの枝垂れ桜をいっそう引き立たせている。
(熱海ネット新聞)

長浜海岸
うみえ〜る長浜
JR伊豆多賀駅のソメイヨシノ も満開

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-6

    ジャカランダ 中止となったフェス開幕日、ひっそりと青紫に染めあげる

    本来なら「ATAMIジャカランダフェスティバル」(6月6日〜21日、熱海市観光協会主催)の…
  2. 2020-6-6

    コロナ禍で前例のない来宮神社例大祭、祭典委員会が粛々と事務所開き

    熱海市の来宮神社例大祭(7月14日〜16日)を前に2020年度の祭典委員会(福井敏幸委員長…
  3. 2020-6-5

    自民県議連、起雲閣で熱海・伊東の経済団体と意見交換 県への要望聴取

    静岡県議会の最大会派「自民党改革会議」の観光産業振興議員連盟(宮沢正美会長)は6月4日、熱…
  4. 2020-6-4

    コロナ対策優先、熱海フォーラム事業凍結 齋藤栄市長が議会で表明 

    熱海市の齋藤栄市長は6月4日、市議会6月定例会で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応するため、…
ページ上部へ戻る