新型コロナで神事だけ、丹那神社例祭 トンネル工事犠牲者67人を慰霊

丹那神社奉賛会(田島秀雄会長、川瀬康敬事務局長)は4月5日、熱海市福道町の同神社で令和2年度(2020年度)例祭を開き、東海道線丹那トンネルの工事で犠牲になった67人の霊を慰めた。
例年は熱海笛怜会(てきれいかい)のおはやしや有志団体「大楠連」の神輿(みこし)渡御、近隣の10町内会による菓子などの無料配布があり、大勢の参拝者で賑わうが、今年度は新型コロナウイルスの影響で風通しの良い境内の祠(ほこら)前で神事だけを斎行した。
桜満開の下で行われた神事では、来宮神社の雨宮盛克宮司が祝詞を奏上。丹那隧道(トンネル)の貫通で東海道本線が開通し、熱海が大きく発展したことに感謝。67人の工事犠牲者を慰霊するとともに新型コロナウイルスの1日も早い終息を祈願した。続いて田島会長、鈴木純JR東日本熱海駅長、小椋武JR東海熱海駅長、藤曲敬宏県議、山崎仁湘南建設業協会専務理事、奉賛会役員、地元10町内会の役員などおよそ20人が玉串を捧げた。

規模縮小について田島会長は「7月に来宮神社例大祭と東京五輪があり、新型コロナウイルスを食止めてたいと雨宮宮司と話し合って、2月の早い段階で決めた。来年は丹那トンネル工事の最初の大崩壊事故から100年となる。御霊に哀悼の誠を捧げるとともに、100年経って熱海がこれだけ発展できたという感謝を伝える喜びの例祭にしたい」と述べた。
(熱海ネット新聞)

■トンネル工事 昭和9年(1934年)に丹那トンネルが開通するまで東海道本線は、現在の御殿場線を経由。同トンネルの開通で東海道本線のルートは「熱海―函南」経由となり、熱海は飛躍的に発展した。完成には16年の歳月(1918年3月~34年12月)を費やし、開通時の延長は7804m。難工事のため、何回かの事故が起き、合計67人の犠牲者。
■例祭 起工式以来最初の大崩壊事故(1921年4月1日、現在の熱海梅園の香林亭あたりの直下)の発生にちなみ、毎年4月の第1日曜日に斎行。当初、国鉄関係者によって例祭が執り行われていたが、民営化の影響で中断。25年前から地域住民で作る奉賛会のもとで挙行。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-6

    ジャカランダ 中止となったフェス開幕日、ひっそりと青紫に染めあげる

    本来なら「ATAMIジャカランダフェスティバル」(6月6日〜21日、熱海市観光協会主催)の…
  2. 2020-6-6

    コロナ禍で前例のない来宮神社例大祭、祭典委員会が粛々と事務所開き

    熱海市の来宮神社例大祭(7月14日〜16日)を前に2020年度の祭典委員会(福井敏幸委員長…
  3. 2020-6-5

    自民県議連、起雲閣で熱海・伊東の経済団体と意見交換 県への要望聴取

    静岡県議会の最大会派「自民党改革会議」の観光産業振興議員連盟(宮沢正美会長)は6月4日、熱…
  4. 2020-6-4

    コロナ対策優先、熱海フォーラム事業凍結 齋藤栄市長が議会で表明 

    熱海市の齋藤栄市長は6月4日、市議会6月定例会で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応するため、…
ページ上部へ戻る