熱海市内の小中学校 6日に入学式実施も7日から19日まで再度休校 

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、熱海市教育委員会は4月6日、管轄の市立小中学校で7日から19日までの臨時休校を決めた。小中の入学式、始業式は6日に実施したが、7日にも政府が東京、神奈川など7都府県を対象とする緊急事態宣言を発令することから、再度休校に踏み切った。熱海市は首都圏からの来往者が多く、一部生活圏が重なる状況を踏まえての措置。ただし、7日は学習課題を配布するため、登校日を設ける。

市立幼稚園は4月8日に規模を縮小して入園式だけ行い、8日から19日まで休園する。市立・私立保育園と私立認定こども園は感染予防に留意して開園する。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-6

    ジャカランダ 中止となったフェス開幕日、ひっそりと青紫に染めあげる

    本来なら「ATAMIジャカランダフェスティバル」(6月6日〜21日、熱海市観光協会主催)の…
  2. 2020-6-6

    コロナ禍で前例のない来宮神社例大祭、祭典委員会が粛々と事務所開き

    熱海市の来宮神社例大祭(7月14日〜16日)を前に2020年度の祭典委員会(福井敏幸委員長…
  3. 2020-6-5

    自民県議連、起雲閣で熱海・伊東の経済団体と意見交換 県への要望聴取

    静岡県議会の最大会派「自民党改革会議」の観光産業振興議員連盟(宮沢正美会長)は6月4日、熱…
  4. 2020-6-4

    コロナ対策優先、熱海フォーラム事業凍結 齋藤栄市長が議会で表明 

    熱海市の齋藤栄市長は6月4日、市議会6月定例会で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応するため、…
ページ上部へ戻る